【株式市場】米国の新型コロナ変異株など注視され日経平均は後場一段安、2月5日以来の2万9000円割れ

株式

◆日経平均は2万8966円01銭(1202円26銭安)、TOPIXは1864.49ポイント(61.74ポイント安)、出来高概算(東証1部)は16億8876万株

 2月26日(金)後場の東京株式市場は、昼の時間帯に米国の東部、西部で各々別の新型コロナ変異株を発見と伝えられたことなどを受け、日経平均はジリ安から次第に急落商状となり、14時過ぎに下げ幅1000円を超えた。中で、日本航空<9201>(東1)JR東日本<9020>(東1)は前場より値を戻して推移。日経平均の終値での2万9000円割れは2月5日以来となった。

■新規上場の2銘柄は逆行高となり好調スタート

 後場は、荏原実業<6328>(東1)が13時過ぎにかけて一段と強含み、東京電力HD<9501>(東1)グループと蓄電池の共同展開などが材料視され、中央発條<5992>(東1)は午前10時の株式4分割発表が注目されて高値圏で推移。扶桑電通<7505>(東2)は大阪などでの緊急事態宣言の解除を控え体温など測定するAIサーマルカメラに需要に期待とされ一段高。ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)はアストラゼネカの新型コロナワクチンの受託製造が材料視され一段ジリ高。アサカ理研<5724>(JQS)は半導体や希少金属などの重要物資の確保を米国が同盟国内で確保する構想が追い風とされ次第高。

 26日は2銘柄が新規上場となり、coly(コリー)<4175>(東マ)は後場13時23分に公開価格4130円の2.1倍の8450円で初値をつけ、9890円まで上げて終値は8140円。室町ケミカル<4885>(JQS)は前場11時23分に公開価格820円を74%上回る1424円で初値をつけ、後場寄り後に1624円まで上げ、大引けは1462円。

 東証1部の出来高概算は16億8876万株(前引けは7億3432万株)、売買代金は3兆6213億円(同1兆1897億円)。1部上場2194銘柄のうち、値上がり銘柄数は172(前引けは394)銘柄、値下がり銘柄数は1985(同1733)銘柄。

 また、東証33業種別指数は前引けに続いて全33業種が値下がりし、値下がり率の小さい業種は、鉱業、石油/石炭、空運、電力/ガス、水産/農林、海運、保険、陸運、銀行、卸売り、繊維製品、などだった。(HC)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 東証アローズ 東京証券取引所
       「巣ごもり投資家」は、防疫関連株から巣ごもり消費関連株、テレワーク関連株、新規株式公開株まで幅広く…
    2. 東京証券取引所
       DX革命では、米国と異なり巨大IT企業が存在しない日本企業の周回遅れを挽回するため、データとデジタ…
    3. 風邪 かぜ インフルエンザ マスク
      当特集は、大型連休明け後に「AC(コロナ後、After Corona)」にアクセルを踏むためのキー・…
    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る