日立反落も中期では引き続き注目、人口知能、ロボット強化

株式市場 銘柄

チャート10 日立製作所<6501>(東1)は、13円90銭安の830円50銭と反落、場中値では25日線を割り込んでいる。主力株全般が軟調となっていることの影響を受けているようだ。中長期的な視点では引き続き注目できそうだ。

 5月8日付の日本経済新聞朝刊が「同社は2016年度以降の研究開発費を、15年度見込みより約3割増やし、年5000億円程度にする。日立が世界市場で競争する米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独シーメンスに匹敵する規模とし、センサーや人工知能、ロボットに集中投資する。」と報じている。米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独シーメンスに匹敵する水準まで引き上げ、世界市場での勝ち残りを目指すとしており、中長期的な視点から日立は今後も市場の関心を集めると予想される。

 足元の業績は、前2015年3月期売上高9兆7619億7000万円(前期比2.1%増)、営業利益6004億7900万円(同11.6%増)、純利益2413億0100万円(同8.9%減)に着地。年間配当は12円(同1.5円増)を予定。

 今16年3月期から会計基準を米国基準から国際基準(IFRS)に変更するため、単純比較はできないが、通期業績予想は、売上高9兆9500億円、営業利益6800億円、純利益3100億円を計画。年間配当は未定としている。

 北米が牽引しグローバル事業が拡大。今期はグローバル事業の拡大、サービス事業の拡大フロント力の強化によって顧客の成長を支援し社会イノベーション事業が拡大した。今期は、引き続き、グローバル事業の拡大、サービス事業の拡大を図るとともに、スマトラによるコスト削減を図る方針。グローバル事業は海外売上高比率が2014年3月期実績45%、前15年3月期47%、今16年3月期50%へ高める方針。

 サービス事業はサービス売上高比率が2014年3月期実績32%、前15年3月期35%、今16年3月期38%へ高める方針。スマトラによるコスト削減は売上原価およびSG&Aの低減、CCC(製造・サービス等)の改善を実施する。

 株価は、1月27日につけた年初来の高値922.9円から2月17日に年初来の安値766円と調整。その後、860円手前を上値にモミ合っている。月足では9カ月移動平均線が上値を抑えるものの、24カ月移動平均線が下支えしており、日柄調整が進み業績が順調に推移すれば十分上値を試す余地はある。ここから下押す場面があれば、中長期的な視点で買い妙味が膨らもう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ロータス投資研究所代表、中西文行 氏 テクニカルでは16000円割れに 世界の主要株価指数は、18年…
    2. 2019年相場展望 米中貿易摩擦の動向に左右される展開 2018年の東京株式市場は、欧米の長期金利の…
    3. シニアアナリスト:水田雅展 2019年は前半が調整色でも年末高に向かう可能性  2019年の株式…
    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る