【話題株】「住宅木材13年半ぶり高値」の中、ケイアイスター不動産など3社の「日本木造分譲住宅協会」設立に注目集まる

木材 住宅

■設立目的は「サステナブル社会の実現」だが資材調達などで成果も

 ケイアイスター不動産<3465>(東1)は4月26日、次第高となり、後場は一段と強含んで3780円(90円高)で始まった。前週の調整基調に一巡感が広がり、再び上値を施行する様子になっている。

 4月13日付で、三栄建築設計<3229>(東1)、オープンハウス<3288>(東1)の3社合同で、一般社団法人「日本木造分譲住宅協会」の設立を発表。最大の設立目的は「サステナブルな社会の実現」など、持続可能な開発目標「SDGs」の課題解決だが、3社関係者からは、「実は、最も早く成果を上げそうなのが住宅用木材の確保を巡って有利になる点ではないか」との見方が出ている。用材の調達コスト低下にもつながる共同展開になる余地があるようだ。

 最近、業界では、「住宅木材、13年半ぶり高値、(中略)住宅着工遅れも」(日本経済新聞4月22日付朝刊)との報道が大きな話題になったという。「住宅の梁(はり)や柱に使う木材の流通価格が一段と上昇し」「住宅メーカーの収益の圧迫要因」になる可能性が出ているといった内容。要因は、「住宅需要が旺盛な米国に世界から木材が集まり、日本で不足している」ことなどとされた。

 こうした資材の値上がり傾向は、業界では昨年来のこととして受け止められていた様子だが、株式市場では最近になって一部で注目された程度の印象で、たとえば積水ハウス<1928>(東1)の株価は4月中旬から調整色を濃くする展開になってきた。

 もっとも、「分譲住宅の建築費用に占める住宅木材そのもののコストは3割から1割ぐらい」(関係者)とされ、住宅木材の値上がりは痛いものの、共同仕入れなどの方法をとれば、ある程度圧縮する余地が出てくるようだ。

 住宅メーカーの株価を見ると、週明け26日も軟調な銘柄が見受けられるものの、大手の銘柄などは上記の報道が出た翌日から反発し始めている。ケイアイスター不動産の株価は高値に進んだあと調整基調だったが、75日移動平均に近づいた水準で再び上げてきたため、調整一巡感が広がってきたとの見方が出ている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る