【話題株】トヨタ自動車のAA型種類株式発行に外資は反対姿勢、16日の株主総会が注目

トヨタ自動車 7203

話題株 トヨタ自動車<7203>(東1・売買単位100株)は、計画している「AA型種類株式」(譲渡制限付き非上場種類株式)発行について、機関投資家の議決権行使を助言する米インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)が反対を表明。米カリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)も海外の投資家に閉ざされているとして、反対する意向を明らかにしている一方で、米グラスルイスはトヨタが資金調達の手法を多様化できるとして賛成を表明おり賛否が分かれている。

 トヨタは日本国内の個人投資家向けに、5年間は譲渡できない株式を発行する計画。配当利回りが段階的に上昇する仕組みで、5年後には普通株式への転換を要求できる。発行の目的について中長期的に株主となり得る個人投資家の拡大を狙うほか、調達した資金を燃料電池車の開発や次世代技術のための研究開発に充てるとしており、16日の定時株主総会で3分の2の賛成を得ることができるか、市場はその動向を見極めようとしている。

 足元の業績は、前2015年3月期業績実績が、売上高27兆2345億2100万円(前の期比6.0%増)、営業利益2兆7505億6400万円(同20.0%増)、税引前当期純利益2兆8928億2800万円(同18.5%増)、株主に帰属する当期純利益2兆1733億3800万円(同19.2%増)に着地。年間配当は200円(同35円増)を実施。

 今16年3月期予想は、売上高27兆5000億円(前期比1.0%増)、営業利益2兆8000億円(同1.8%増)、税引前当期純利益2兆9700億円(同2.7%増)、株主に帰属する当期純利益同2兆2500億円(同3.5%増)と連続最高益更新を見込む。年間配当は未定としている。

 株価は、3月24日に上場来の高値8783円と買われた後、8200円どころを下値にもみ合っている。投資信託協会が11日発表した5月の投資信託概況によると、公募投信の純資産総額は102兆4574億円で、初めて100兆円の大台に乗ったと伝わっているが、今後ボーナス資金などの流入が期待される。

 今期予想PER12倍台と日経225採用銘柄の予想PER16倍台に比べても割安感があり、16日の定時株主総会でAA型種類株式の発行に3分の2の賛成を得られれば、素直に上値を試す展開が期待されそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    2.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    3. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る