【はま寿司がブランドを一新】ブランドロゴも店舗デザインもユニフォームも!

■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える

 ゼンショーホールディングス<7550>(東1)が展開する100円寿司チェーン「はま寿司」は、6月10日(木)からブランドを一新し、新しいブランドロゴの使用を開始する。

 国内外に550店舗以上を展開するはま寿司は、日本国内はもちろん、海外でも新鮮でおいしいお寿司を提供する、世界一の寿司チェーンを目指している。新しいロゴは、はま寿司の名前の由来となったコンセプト「世界中の濱から新鮮なネタを」を継承しつつ、さらなる発展のため未来志向のデザインに磨き上げた。また、さらにグローバルに飛躍する意志を込め「HAMA-SUSHI」という英字表記を加えた。

 新しいはま寿司のロゴは、従来の「は」のシンボルマークや波の意匠、カラーを見直したグローバル展開にも対応する世界共通のロゴ。素材の新鮮さやネタの切り付け、シャリの温度など、おいしさの細部までこだわるはま寿司ならではの、すっきりとシンプルでモダンなデザインを目指した。新たに「濱のおいしさ、そのままに。」というスローガンも掲げている。

■次世代の寿司チェーンをテーマに新しい店舗デザイン

 新しい店舗デザインは、次世代の寿司チェーンをテーマに、お寿司だけではなく店舗空間そのものも楽しめるデザイン。レーン周りをシンプルにすることで、開放感がありリラックスできる空間を実現。また木目を基調とした日本らしさもある、現代的で清潔感のある店舗デザインを目指した。座席間の背もたれを高くし個室感を高めた他、テーブルの醤油や箸の収納を省スペース化することで、よりゆったりと利用できるよう設計している。また、注文品がスピーディーに手元に届くストレートレーンを導入した。

■ユニフォームも一一新

 新しいユニフォームは、現代的で明るく開放的な店舗空間にあわせ、淡いベージュと濃紺をベースにデザインしている。機能性を重視し、動きやすいよう素材も見直した。エプロンに施した魚の模様など、シンプルな中にも”日本の粋”を感じられるデザイン。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る