【注目銘柄】エレマテックは1QのV字回復業績を見直して割安修正へ

注目銘柄

■年初来高値奪回に再発進し一段の上値チャレンジへ

 エレマテック<2715>(東1)は、今年7月28日に発表した今2022年3月期第1四半期(2021年4月~6月期、1Q)業績が、V字回復して着地したことを見直して割安修正買いが再燃している。来年4月から実施される東証の市場再編で、同社株が最上位の「プライム市場」の上場基準に適合すると一次判定され上場申請を進めていることが、側面支援材料として見直されるだろう。

■CASE向け部材が続伸しODMビジネスも順調

 同社の今3月期1Q業績は、売り上げ450億3400万円(前年同期比13.5%増)、営業利益16億6500万円(同2.11倍)、経常利益16億500万円(同2.28倍)、純利益11億1800万円(同2.39)と大きく増収増益転換して、期初予想の今3月期通期予想業績に対する利益進捗率は、目安の25%をクリアした。世界的な自動車生産の回復や自動車のCASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)の進展で自動車向け関連部材が続伸し、ODM(完成品)ビジネスでは、アフターマーケット向けにドライブレコーダーが好調持続となったことなどが寄与した。

 今3月期通期業績は、期初予想を据え置き売り上げ1810億円(前期比6.4%増)、営業利益65億円(同19.0%増)、経常利益62億円(同19.7%増)、純利益44億円(同20.0%増)と見込んでいる。なお今期配当は、年間43円(前期実績36円)と連続増配を予定している。

■PER10倍、PBR08倍、配当利回り3.6%の修正で高値奪回へ

 株価は、前期上半期業績の伸び悩み推移で1000円台を出没する中段固めが続いたが、前期第3四半期業績の増益転換着地で1100円台に乗せ、増収増益転換予想の今期業績が、市場コンセンサスを上回り投資判断引き上げも続いたことで窓を開けて急騰、年初来高値1345円まで買い進まれた。足元では、1Q業績のV字回復着地も全般相場の波乱が響いて材料出尽く感を強めて1100円台まで下ぶれた。ただPERは10倍台、PBRは0.87倍、配当利回りは3.69%と割安感が顕著で、テクニカル的にも25日移動平均線から7%超のマイナスかい離と下げ過ぎを示唆しており、年初来高値奪回に再発進し一段の上値チャレンジに弾みをつけよう。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る