【どう見るこの株】安江工務店は21年12月期2Q累計順調で通期上振れの可能性

どう見るこの株

■下値を切り上げて戻り歩調

 安江工務店<1439>(JQ)は愛知県を地盤に、住宅リフォーム事業を主力として住宅関連事業を展開している。21年12月期は大幅増収増益予想としている。8月11日発表した第2四半期累計連結業績は大幅増収で黒字転換と順調だった。受注が好調に推移しており、通期予想に上振れの可能性がありそうだ。収益拡大を期待したい。株価は下値を切り上げて戻り歩調だ。上値を試す展開を期待したい。

■住宅リフォーム事業が主力

 愛知県を地盤に、住宅リフォーム事業(20年12月期売上構成比75%)を主力として、注文住宅の新築住宅事業(同16%)や、不動産売買・仲介の不動産流通事業(同9%)も展開している。

 M&Aも活用して新規営業エリア開拓を推進している。20年1月にはインテリア業のアプリコット(兵庫県姫路市)を子会社化、20年3月にはマノモクハウジング(愛知県豊田市)の住宅リフォーム事業・不動産流通事業を譲り受け、20年10月には住宅リフォーム事業のMIMA(大阪府八尾市)を子会社化した。21年5月には豊橋店を開設して愛知県東三河エリアに初出店した。

 新中期経営計画では目標値に23年12月期売上高99億54百万円、営業利益3億24百万円を掲げている。

■21年12月期大幅増収増益予想、2Q累計順調で通期上振れの可能性

 21年12月期連結業績予想は、売上高が20年12月期比27.6%増の68億85百万円、営業利益が5.4倍の1億58百万円、経常利益が3.9倍の1億49百万円、親会社株主帰属当期純利益が72百万円(20年12月期は13百万円の赤字)としている。

 第2四半期累計は、売上高が前年同期比38.1%増の31億92百万円で、営業利益が60百万円(前年同期は83百万円の赤字)、経常利益が60百万円(同79百万円の赤字)、親会社株主帰属四半期純利益が27百万円(同69百万円の赤字)だった。主力の住宅リフォーム事業が40.4%増収と牽引し、全体として大幅増収で黒字転換と順調だった。販管費削減も寄与して各利益は計画を上回った。

 通期ベースでも営業エリア拡大やM&Aの効果も寄与して大幅増収増益予想としている。21年1月~7月累計の受注高(速報値ベース)は前年比47.1%増と好調であり、通期予想に上振れの可能性がありそうだ。収益拡大を期待したい。

■株価は戻り歩調

 株価は下値を切り上げて戻り歩調だ。第2四半期累計業績を評価して上値を試す展開を期待したい。8月11日の終値は1177円、時価総額は約16億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  ウクライナの反転攻勢が凄まじい。9月以降、ウクライナは東部、南部で627集落を奪還したと発表して…
    2. ■第1弾は、ソーシャルVR空間上で撮影した写真をフォトパネルに  アスカネット<2438>(…
    3. ■企画・運営・プロデュースなど、スマホやZoomを活かし中継  クリーク・アンド・リバー社<…
    2023年1月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る