【どう見るこの株】ビープラッツは下値固め完了、21年3月期黒字化予想

どう見るこの株

 ビープラッツ<4381>(東マ)はサブスプリクションのための統合プラットフォームを開発・提供している。22年3月期は新規契約社数の増加などで大幅増収増益予想としている。DXの流れも背景に収益拡大を期待したい。株価は水準を切り下げる形で軟調展開だったが、下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。

■サブスプリクション統合プラットフォーム「Bplats」を展開

 ビジネスプラットフォーム事業を展開し、サブスプリクション統合プラットフォーム「Bplats」をクラウドサービスで提供している。DX支援プラットフォームとしての事業を推進し、21年夏には新サービス「Bplats Connect」を提供開始する。

 21年7月にはトヨタファイナンスの「TFC SubscMall」に「Bplats」が採用された。9月8日には子会社のサブスクリプション総合研究所が、日本管理会計学会主催の産学共同研究「サブスクリプションビジネスのモデル化とその評価に関する研究」に参画すると発表した。

■22年3月期大幅増収増益予想

 22年3月期連結業績予想は、売上高が21年3月期比19.9%増の9億05百万円、営業利益が2.3倍の81百万円、経常利益が2.1倍の75百万円、親会社株主帰属当期純利益が58.3%増の49百万円としている。

 第1四半期は、売上高が前年同期比6.6%増の1億85百万円で、営業利益が3百万円の赤字(前年同期は8百万円の赤字)、経常利益が4百万円の赤字(同10百万円の赤字)、親会社株主帰属四半期純利益が5百万円の赤字(同8百万円の赤字)だった。初期費用等のスポット収入は減少(19.4%減収)したが、新規契約社数の増加でストック収入が増加(23.6%増収)し、売上高、利益とも第1四半期として最高だった。契約社数は32社増加して151社となった。

 通期は、新規契約社数の増加やオプション機能追加による安定的・継続的利用を見込み、大幅増収増益予想としている。収益拡大を期待したい。

■株価は下値固め完了

 株価はほぼ1年にわたって水準を切り下げる形で軟調展開だったが、下値固め完了感を強めている。出直りを期待したい。9月17日の終値は1688円、時価総額は約40億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る