【引け後のリリース】東レ「ウルトラスエード」が「インプレッサ」のシートに

富士重工業「インプレッサ SPORT HYBRID」

写真=富士重工業「インプレッサ SPORT HYBRID」

東レ<3402>(東1)は30日付で、同社のスエード調人工皮革「ウルトラスエード」(東レの登録商標)がこのたび、富士重工業<7270>(東1)が7月10日に発売するスポーツハッチバック「インプレッサ SPORT HYBRID(スポーツハイブリッド)」のシートに採用されたと発表した。

このところの株価は、4月27日につけた2006年以来の高値1076.5円を上値に950円前後までの幅でもみ合う展開となっており、本日の終値は1035.5円(19.0円高)。昨日、ギリシャの債務問題などを受けて日経平均が596円安となった相場でも16.5円安にとどまり、本日はこの下げ幅を取り戻して上値に進んだ。

発表によると、「ウルトラスエード」は天然スエードのような風合いを持つ先端素材で、ファッションの世界をはじめインテリアや雑貨、産業用途など様々な分野で上質な高級素材として高く評価されている。

天然皮革に比べ暖房時に温まりやすく、また冷房時に冷めやすいという特長があることから、シート温度の快適性に優れ、これを使用したシートは、適度なグリップ性があるため、運転時に滑りにくいという特長がある。さらに、様々な意匠を施す加工性や発色性に優れた素材で、今回、採用された「ウルトラスエード」は、シルバーグレーの生地に細かい穴を開けたパンチング加工を施した。

「インプレッサ SPORT HYBRID」は、優れた燃費性能と、軽快な加速と上質でスポーティーなハンドリングにより、ハイブリッドモデルならではの走りの愉しさと快適性を両立したモデル。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年5月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る