JR九州、気動車として日本初!国の重要文化財指定へ!九州鉄道記念館に展示中の「キハ四二〇五五号気動車」

 JR九州(九州旅客鉄道)<9142>(東1)が所有する九州鉄道記念館(福岡県北九州市)で開館当時から展示している「キハ四二〇五五号気動車」(キハ〇七形四一号気動車)が、2021年10月15日(金)に国の文化審議会において、重要文化財(美術工芸品)に指定をすべきとの答申を受け、重要文化財に指定される運びとなった。

 九州に存在する鉄道車両としては初めて、また、「気動車」としては日本で初めての指定となる。同社では、重要文化財の意義、重要性を認識したうえで、引き続き展示車両として、加えて文化財としての保存に努めていくとしている。​

■車両の概要について

(1)気動車の概要
 気動車(きどうしゃ)とはエンジンを搭載した列車の車両のことで、運転に必要な動力源として、内燃機関を搭載して自走する鉄道車両。

(2)車両の概要

〇仕様

・製造年:1937年
・製造会社:日本車輌
・車体長さ:約19m
・重さ:約27トン
・定員:120人(製造時)

〇特徴

 戦前の代表的な機械式(クラッチで変速する方式)気動車で、連結運転の時は双方の運転士が合図しながら走っていた。昭和27年にはガソリンエンジンをディーゼルエンジンに変更しており、中央2枚が大きい6枚窓と大きな曲面を描く独特の前面も特徴。

〇当該車両の歴史

・1937年(昭和12年):日本車輛製造株式会社にて製造
・1952年(昭和27年):ガソリンエンジンからディーゼルエンジンに変更
・1957年(昭和32年):豊後森機関区に配置され宮原(みやのはる)線で使用
・1969年(昭和44年):引退(引退後、豊後森機関区や大分運転所で保管)
・2003年(平成15年):九州鉄道記念館にて展示車両として保存

(3)文化財としての評価(文化庁報道発表資料より抜粋)

・車体や内装の多くに製造時の姿をとどめ、昭和初期の旅客車の現存例として重要である。
・機械式の変速装置が残っている唯一の同形車輛である。
・車体の大型化と軽量化、ガソリン機関の出力向上と運行速度の高速化、車両の国産化と標準化を達成し、日本の気動車の技術発達史を俯瞰するうえで貴重であり、鉄道史、社会・経済史、科学技術上において重要である。
(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    2. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    3.  今週の当特集は、最下位市場のG市場も含めて本気度銘柄に加え、株価的に割安な銘柄にこそ「メークドラ…
    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る