三菱造船と日本郵船がCO2輸送技術の共同開発に合意

■CCUSバリューチェーン参画に向けて

 三菱重工業<7011>(東1)グループの三菱造船と日本郵船<9101>(東1)は11月9日、中小型船のみならずグローバルに需要拡大が見込まれる大型船による二酸化炭素(CO2)輸送技術の共同開発を行うことで合意したと発表。液化ガス輸送船(LPG・液化石油ガス輸送船、LNG・液化天然ガス輸送船)建造で蓄積した三菱造船の高度なガスハンドリング技術と、多種多様な船舶の運航に関する日本郵船の豊富な知見を統合する。今後、液化CO2輸送船(LCO2船)の開発を足掛かりとして、CCUSバリューチェーンへ参画していく。

 CO2を回収して転換利用や貯留を行うCCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)は、カーボンニュートラル社会を実現するための有効な手段として注目を集めている。そのバリューチェーンにおいてLCO2船は、液化されたCO2を貯留および利用する拠点まで輸送するという必要不可欠な役割を担うものとして、将来的な需要の拡大が期待されている。

■三菱造船の高度なガスハンドリング技術と、日本郵船の船舶運航に関する豊富な知見を活用

 三菱造船は、三菱重工グループが取り組むエナジートランジション(低環境負荷エネルギーへの転換)の戦略的な事業強化の一つの柱であるCO2エコシステムの構築において、LCO2船の開発および事業化を積極的に推進しており、今回の共同開発事業はその実現に大きく寄与すると考えている。また、これまでの液化ガス輸送船建造で培った技術や知見を結集し、海洋システムインテグレーターとして海の脱炭素化(海洋領域からカーボンニュートラル社会の実現に貢献)を目指している。

 【CO2エコシステム=】CO2に関係する全てのステークホルダーが直接・間接を問わず、お互いの利害関係を超えてつながり、共存・共栄を図る社会の仕組みを、三菱重工グループではCO2エコシステムと呼んでいる。

 日本郵船は、大型船によるCO2輸送技術の確立がカーボンニュートラル社会の実現に大きく寄与すると考えている。今回の共同開発事業では、技術的なハードルの高いCCUSバリューチェーンにおける多様な技術を有する三菱重工グループと一体となり、これまでの豊富な船舶運航に関する知見を融合して中小型船のみならず大型LCO2船運航の早期実現を目指して取り組んでいく。また、この事業を足掛かりに、今後CCUSバリューチェーンへ参画していく。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  Lib Work<1431>(東証グロース)は6月17日、安心計画社と共同開発したAIを活用した…
    2. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    3.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る