日経平均週足は包み足の強い形で上値指向、ギリシャ国民投票次第では急伸も=犬丸正寛の相場展望

犬丸正寛

犬丸正寛の相場展望 日経平均の週足でみれば強い展開である。6月第4週(6月22日~26日)の週足は約500円幅の大きい陽線でその前の週足4本を包み込む足となりチャートでは強い動きとされる。しかも、昨年10月以降、下値は13週線にサポートされる好展開となっている。チャートで見る限り、日経平均の上昇基調は続いている。

背景には、引き続きROEに対する注目があるだろう。「スチュワードコードとコーポレートガバナンスコードにより企業がROEを重視してきたことが大きい。アベノミクスを表通りとすれば、2つのコードは裏通りといえるが効果は非常に大きい」(経済評論家・小倉正男氏)という。

今年5月頃からROEが10%を超えるエリート的銘柄が好人気となっている。「エリート銘柄はまだ買い切っていない。少なくとも年内一杯は続くだろう。東証1部の売買単価は1100円台の高水準が続くだろう」(中堅証券)との見方である。さらに、「年末には日経平均2万4000円を見通している。米国の利上げでドル高・円安基調から円安関連の主力が引き続き中心の展開だろう」(株式評論家・中西文行氏)との見方だ。

足元では、ギリシャのIMFへの返済不履行が表面化したが世界のマーケットが大崩れする展開ではなかった。5日のギリシャの国民投票の結果にもよるが、仮に、ギリシャ国民がユーロ圏に残る道を選択すれば週明けのNYダウなど世界のマーケットは急伸が予想される。

国内では3月期決算銘柄の第1四半期(4~6月)決算が発表となる。前期決算を発表した4月末から5月頃に比べると円安となっていることから輸出関連銘柄に対し好決算が期待される。ただ、それによって来年3月期を上方修正するとは思えないが、「上方修正含みの内容」として株価の上値追いの手掛かりとなるだろう。

個人投資家は優良株をかなり売却したとみられることからう上値での売り物はかなり薄くなっている。むしろ、個人は先の日経平均2万円割れでは大量買いに出たようにこれから下げれば個人買いは予想される。マーケット全体に派手さはないものの上昇相場が続きそうである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年11月
    « 10月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る