イトーキ、工事不要で手軽に施工が可能、Web会議に最適なローパーテーションブース「Light Booth(ライトブース)」を新発売

■機能もデザインも選べる豊富なバリエーション、さまざまなレイアウトに柔軟に対応

 イトーキ<7972>(東1)は、遠隔コミュニケーションの定着により需要拡大したオンライン会議環境のニーズに対応し、テレコミュニケーション家具「Light Booth(ライトブース)」を12月14日に発売した。

 コロナショックを経て遠隔コミュニケーションが定着したことにより、“オフィスのあり方”にも変化が生じる中、特にオンライン会議環境の課題・ニーズが増加している。イトーキは、ワーカーの生産性を損なうことなく周囲への配慮も叶い、また様々なオフィス空間にマッチする多種多様なセミクローズドエリアを「Light Booth」で提供している。

 昨今、オフィスでは頻繁にWeb会議を行うため、複数のブースを並べて設置することがある。それぞれのブースでの話し声は、話す向きに大きく伝わるため、ブースを連続配置すると隣の話し声が大きく聞こえてしまうことがある。ライトブースでは天板方向をフロント(正面)・サイド方向から選べるため、話し声の方向をコントロールしてブース内の防音性を高めることができる。

 またオプションの吸音パネル、吸音ルーフを併せて使用することで、工事が不要な天井開口型のブースでありながら従来のパーティションより高い防音性能を実現する。

■床固定不要、工事不要でオフィス環境や用途に応じて選べるバリエーション

 プライバシー性に優れたソロブースから、複数名で使用できるワイドブース、会議室使用のミーティングブースと、様々な用途・サイズで展開、それぞれにWeb会議用のオプションをご用意している。

■オフィスのテイストや好みに合わせて選べるデザインバリエーション

 シンプルなデザイン展開で、外装はカジュアルにもフォーマルにも対応できる。また内装も必要に応じて選択、変更可能。

【製品概要】

・製品名=Light Booth(ライトブース)
・価格(税抜)=
 ソロブース:¥985,000~
 ワイドブース:¥1,398,500~
 ミーティングブース:¥1,474,500~
・仕様=
 外装:スチールパネル2色、木製パネル4色
 内装:FY張地(フェルト)、FR張地、塗装
 高さ:2,140mm(天板付き)
 ドア:スチールドア、木製ドア
(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年7月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る