【引け後のリリース】日本曹達が新規農薬の2年後発売などを展望

引け後のリリース

■園芸、水稲、芝を含む広範な分野で使用でき年商100億円以上をイメージ

 日本曹達<4041>(東1)は6日の大引け後、自主開発の新規農薬(新規殺菌剤・開発コード名「NF-171」)について、平成29年(2017年)第1四半期での登録取得と同年の上市を予定していると発表した。園芸、水稲、芝を含む広範な分野で使用でき、これら新規3剤で、ゆくゆくは海外市場を含めて年間で合計100億円以上の販売を目指すとした。 

 発表によると、この新規殺菌剤「NF-171」はべと病、疫病、ピシウム病を引き起こす卵菌類に卓効を示す新規系統の殺菌剤で、既存剤の耐性菌に対しても有効。園芸、水稲、芝を含む広範な分野で使用でき、「3分野すべて出そろうのは数年先になる見通し」(同社)だが、大づかみなイメージとしては海外市場を含めた年間売上高100億円以上の大型新薬になる期待がある。

 園芸分野では 商品名「ピシロックフロアブル」「ピシロック顆粒水和剤」として日本曹達が野菜用途中心に販売する。水稲分野ではJA全農とイネ苗立枯病防除用途で共同開発をすすめており、商品名「ナエファインフロアブル」「ナエファイン粉剤」としてクミアイ化学工業<4996>(東1)が販売を担当する。また、芝分野の商品名は「クインテクト顆粒水和剤」で、日本曹達グループの株式会社ニッソーグリーンを通じてゴルフ場向けに販売される。 

 同社では、これに引き続いて、今までに無い作用性を有する新規殺ダニ剤「NA-89」や、広範囲の病害に有効で、大型剤として期待される新規殺菌剤「NF-180」についても本格開発に着手している。 

 6日の株価終値は767円(39円安)となり、全体相場がギリシャ問題などの影響で日経平均が一時527円56銭安(2万12円23銭)まで下げた中で底堅さが目立った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■フッ化水素などの周辺にも唯一無比な存在が数多い  例えば韓国への輸出規制3品目である高…
    2.  大型連休中の先週、野菜などで作った代替肉の食品メーカー、ビヨンド・ミートが米国でNASDAQ…
    3. ■前3月期の営業利益2.1倍など業績の大幅回復とともに注目強まる ミサワホーム中国<17…
    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る