【株式市場特集】東証2部株への「昭和」惜別投資をお勧め

株式市場 銘柄

 今週の当特集では、東証2部株への「昭和」惜別投資をお勧めすることとした。ターゲットは、バリュー株中のバリュー株となる東証第2部低PER・PBRランキングの両方で同時に上位にランクされる銘柄と、限定的な業界ながら主導権を握るニッチ・トップ銘柄である。残り2カ月半の期間限定で、もう一度パフォーマンス・トップを期待したい。

■まず低PER・PBRランキングに同時入着の7銘柄がリード役

 東証第2部市場は、バリュー株の宝庫だが、そのバリュー株中のバリュー株は、東証2部全銘柄平均の低PER・PBRを大きく下回る割り負け株だろう。とういことで好業績で低PER・PBRランキングの両方の上位に同時入着の以下の7銘柄にリード役を期待したい。低PER順にあげると日本ピグメント<4119>(東2)、南海プライウッド<7887>(東2)、岡山県貨物運送<9063>(東2)、ソマール<8152>(東2)、電響社<8144>(東2)、スガイ化学<4120>(東2)、フジコピアン<7957>(東2)である。最割安株の日本ピグメントのPERは4.27倍、PBRは0.31倍、第7位のフジコピアンは同じく6.95倍、0.25倍にしか過ぎない。

 このうち日本ピグメントが今3月期業績を上方修正して増配し、スガイ化学、ソマールも上方修正済みで、フジコピアンは、目下集計中の2021年12月期業績を中間業績も含めて3回上方修正し配当も2回上方修正しており、2月14日に予定している12月期決算発表時の次期業績ガイダンスが要注目となる。

■ニッチ・トップ銘柄はハイテク系からローテク系まで幅広く割拠

 ニッチ・トップ銘柄は、上場市場が東証2部からS市場に変わってもニッチ・トップ銘柄である。同銘柄は、東証2部にハイテク系からローテク系まで幅広く割拠している。そのなかでまずハイテク系で注目は、ヨウ素の伊勢化学工業<4107>(東2)、テンペン化学品のヤスハラケミカル<4957>(東2)、メッキ用薬品の上村工業<4966>(東2)、アンチモンの日本精鉱<5729>(東2)、工業用機械刃物の兼房<5984>(東2)、水素圧縮機の加地テック<6391>(東2)、海底ケーブル用光デバイスの湖北鉱業<6524>(東2)、タングステン、モリブデンの日本タングステン<6998>(東2)などだろう。

 ローテク系では新型コロナ関連の防護服のアゼアス<3161>(東2)、医療用衛生材料の川本産業<3604>(東2)、二輪車関連では中古バイク販売のバイク王&カンパニー<3377>(東2)、ブレーキホースのニチリン<5184>(東2)、計器の日本精機<7287>(東2)、バックミラーの村上開明堂<7292>(東2)のほか、ショベルの浅香工業<5962>(東2)、舶用エンジンのジャパンエンジンコーポレーション<6016>(東2)、バトミントンのヨネックス<7906>(東2)などが該当する。食品関連でもスパイスのエスビー食品<2805>(東2)、トウモロコシでんぷんの日本食品化工<2892>(東2)、高野豆腐の旭松食品<2911>(東2)、包装餅のサトウ食品<2923>(東2)などがニッチ・トップのポジションにあり、多くがコロナ禍の「第5波」収束とともに巣ごもり需要の反動懸念で昨年12月に昨年来安値まで売られたが、「オミクロン株」の感染拡大とともに、人気再燃も想定されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る