【銘柄フラッシュ】駅探急伸し六甲バターなどTPP関連株も再び動意

銘柄

 16日は、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)がNISA(少額投資非課税制度)枠で投資したい銘柄の人気上位とされて1.2%高に過ぎないが高値引けとなり、メガバンクは軒並み対高い。村田製作所<6981>(東1)は円安の再燃や米アップル社の「iPod touch(アイポッドタッチ)」新モデル発売などが材料視されて5.1%高の高値引けとなり、ソニー<6758>(東1)はファイナンス中(公募増資期間)で対ドルでの円安が逆風にもかかわらず持ち直して0.7%高の高値引けとなったため、強力な日本株買いの動きが再来かと思惑を呼んだ。

 本日上場となったアイリッジ<3917>(東マ)は前後場とも買い気配のまま値がつかず、大引けは気配値のまま上げる場合の本日上限に達し、公開価格1200円の2.3倍の2760円で買い気配となった。

 安全保障関連法案が衆院本会議で可決され、次はTPP(環太平洋経済連携協定)交渉に取り組む番との見方があり、六甲バター<2266>(東1)が6.3%高の急反発となり、神戸物産<3038>(東1)は5.6%高で分割など考慮後の上場来高値を連日更新。ボルテージ<3639>(東1)も後場一段強含み、大引け後に業績予想の増額修正を発表。
 
 富士山マガジンサービス<3138>(東マ)は2ケタ増収増益の見込みで、既上場銘柄の中に類似サイトを運営する企業がないことなどが言われて18.7%ストップ高、駅探<3646>(東マ)は特許出願の「旅程検索システム」などが材料視されて17.4%ストップ高。

 東京電力<9501>(東1)は3.8%高、四国電力<9507>(東1)は3.9%高など、電力株が軒並み高となり、四国電力・伊方原発の再稼働に現実味が出てきたことなどが材料視された。任天堂<7974>(東1)は3月にDeNA<2432>(東1)と提携したことなどが蒸し返されて3.9%高。セキュリティ関連株の人気も再燃し、FFRI<3692>(東マ)は16.0%高となって上場来の高値に進んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る