【注目銘柄】エブレンは業績再上方修正と増配を見直し出遅れ半導体関連株人気高める

注目銘柄

 エブレン<6599>(東証スタンダード)は、今年3月18日に目下集計中の今2022年3月期業績の2回目の上方修正と、すでに配当権利落ちとなっているものの期末配当の増配を発表しており、純利益が、2期ぶりに過去最高を更新することを見直し、出遅れ半導体関連株買いが増勢となっている。テクニカル的にも2020年6月の新規株式公開(IPO)後につけた上場来高値6480円から直近の上場来安値までの大幅調整で、経験則の「半値八掛け二割引き」の大底打ちのシグナルを発信していることも買い手掛かりとなっている。

■半導体製造装置向けにバックプレーンが好調推移

 同社の2022年3月期業績は、昨年11月に上方修正されたが、その増額値を今年3月にさらに上方修正した。売り上げを11月修正値より1億5500万円、営業利益を7600万円、経常利益を7000万円、純利益を4400万円それぞれ引き上げ売り上げ39億2000万円(前期比22.4%増)、営業利益5億4500万円(同82.8%増)、経常利益5億3500万円(同78.3%増)、純利益3億5500万円(同77,5%増)とV字回復を見込み、純利益は、2019年3月期の過去最高(2億6100万円)を大幅に更新する。

 同社は、半導体製造装置やFA機器など産業用インフラ設備のボードコンピューターに挿入して回路基板を相互に接続して信号伝達や電力供給の役割を担うバックプレーンを主力製品としており、半導体・半導体装置メーカーの設備投資拡大とともに需要が伸びていることが要因となった。今期第3四半期(2021年4月~12月期、3Q)では、半導体製造装置向けの計測・制御部門の売り上げが、前年同期比45.5%増、売上高構成比が、55.5%から64.8%に高まった。配当は、期初予想の21円(前期実績18円)を22円へ引き上げ、連続増配幅を拡大させる。

■「半値八掛け二割引き」の大底水準から低PER修正期待高める

 株価は、決算発表のたびに好業績推移を示したものの戻り売りなどに押されて下値を探る展開が続き、今年2月の3Q決算発表でも営業利益はほぼ倍増の着地となったが、上場来安値2183円まで売られ、今期業績の再上方修正と増配を手掛かりに底上げに転じた。この上場来安値は、2020年9月の上場来高値6480円から大底打ちの経験則の「半値八掛け二割引き」となる2073円にほぼ並ぶ水準となっており、またPER評価も9.90倍にとどまることから底上げ、逆行高が期待されている。まず今年2月の年初来高値2680円奪回から昨年11月以来の3000円大台回復を目指そう。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年7月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る