And Doホールディングスのフィナンシャルドゥが静岡銀行とリバースモーゲージ保証事業で提携

■「しずぎんリバースモーゲージ『かがやき』」の不動産担保評価と債務保証

 「ハウスドゥ」ブランドで不動産事業を全国展開するAnd Doホールディングス<3457>(東証プライム)は4月8日の午後、連結子会社の(株)フィナンシャルドゥが静岡銀行<8355>(東証プライム)と提携し、同行の「しずぎんリバースモーゲージ『かがやき』」に対する不動産担保評価および債務保証を行うと発表した。

■フィナンシャルドゥとの連携により国内全営業エリアで展開可能にリニューアル

 現在、高齢者層の老後資金需要が拡大し、全国的にリバースモーゲージへの注目が再燃している。その中でも、フィナンシャルドゥが提供するリバースモーゲージ保証事業は資金使途の制限がなく、持ち家のリフォーム資金だけでなく生活資金にも対応しており、より幅広いお客様にご利用いただくことが可能になっている。

 静岡銀行は、2021年3月期の連結総資産が約14.1兆円と地方銀行において上位の規模で、静岡県全域のほか県外や海外にも支店を有する大手地方銀行である。現在、同行では、中期計画の中で、異業種企業との連携強化によるローン市場での新たな取組を推進している。

 これまでの同行のリバースモーゲージは市街地中心の展開だったが、今回、新たにフィナンシャルドゥが連携することで、同行の国内全営業エリアの幅広い地域で取り扱うことが可能な商品としてリニューアルされる。これにより、多くのお客様にとっての利便性向上とリバースモーゲージ市場の拡大が見込まれることとなった。

 同行とは、2022年1月にハウス・リースバックの顧客紹介に関して業務提携し、申込や問い合わせの実績が上がってきている。この取り組みに対しての評価と今後の期待をいただいており、今回のリバースモーゲージでの連携でも同行をより一層サポートしていく。

【商品名】しずぎんリバースモーゲージ「かがやき」
【対象顧客】日本国籍のある方、申込時年齢が満50才以上80歳未満の方、安定継続した収入のある方、フィナンシャルドゥの保証が得られる方。
【資金使途】原則自由(ただし事業性資金、、投機資金は除く)
【返済期間】1年(1年後の応当日が属する月の約定日まで)
債務者または同行からの申し出がない限り自動更新。ただし、債務者死亡後6ヵ月御の応当日の属する月の約定返済日まで
【融資金額】300万円以上1億円以下(10万円単位)
【融資利率】変動金利:年3.47%(保証料率:年1.5%)、2022年4月現在
【手数料等】同行の事務取扱手数料として、本債務の上限枠となる額の0.5%(消費税別)、フィナンシャルドゥの不動産調査手数料として、本債務の上限枠となる額の1.5%(消費税別)     ・
【返済方法・方式】(1)約定返済:口座振替、(2)任意返済:ATM、ネットバンキング、窓口での入金
【遅延損害金】年15.0%の割合とし、計算方法は年365日の日割計算
【担保】債務者が所有する不動産(原則、自宅)にフィナンシャルドゥを根抵当権者とする当座貸越極度額の120%の第一順位根抵当権を設定
【保証人】原則不要。ただし、共有物件を担保とする場合、物件共有者を物上保証人に徴求。
【受付開始日】2022年4月11日
【融資開始日】2022年6月20日
(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  ウクライナの反転攻勢が凄まじい。9月以降、ウクライナは東部、南部で627集落を奪還したと発表して…
    2. ■第1弾は、ソーシャルVR空間上で撮影した写真をフォトパネルに  アスカネット<2438>(…
    3. ■企画・運営・プロデュースなど、スマホやZoomを活かし中継  クリーク・アンド・リバー社<…
    2023年1月
    « 12月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る