【注目セクター】情報・通信業はディフェンシブ性を発揮、騰勢を強めるか注目

■NTTやKDDI等が高値更新

 4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し、前引け4,851.84+44.70(+0.93%)と上昇。5日につけた高値4,875.18をうかがう動きとなっている。

 この日同ポストでは、日本電信電話(NTT)<9432>(東証プライム)やKDDI<9433>(東証プライム)、SHIFT<3697>(東証プライム)、GMOグローバルサイン・ホールディングス<3788>(東証プライム)等15銘柄が年初来の高値更新と買われ、堅調に推移している。

 情報・通信業の銘柄は、コロナ禍において、企業のデジタルトランス12フォーメーション(DX)化が進み、これを支援するサービス等が伸びていることから、好業績が見込まれるうえ、自己資本比率が高く金利上昇にも強い銘柄も多く、ディフェンシブ性も見直され、買いが続いている。

 日本電信電話<9432>(東証プライム)においては、同社グループの再編で収益かさ上げとの期待感の高まりがその背景だが、安定的な成長持続を背景に前2022年3月期年間配当額は、11期連続での増配を予定し、今23年3月期も連続増配が観測されているうえ、自社株買いも過去10年毎年実施している株主還元が評価されている。

 また、8日は市場再編に伴うTOPIX構成銘柄の浮動株比率の見直しで、同社株に買い需要が発生するとの思惑も株価を刺激しているが、同社株においては、財務大臣が12億6,090万株(32.3%)保有する筆頭株主で浮動株数が12.0%と比較的低く、上値に戻り待ちの売りが少ないことから、足取りは軽くなっている。

 外部環境に不透明感があるゆえ、ディフェンシブ性を発揮していると思われるので、5月12日に予定されている2022年3月期本決算の発表を目安に押し目買い優位に上値を試す可能性はありそうだ。

 このほか、情報・通信業の銘柄群が一段と騰勢を強めるか市場の関心を集めるか注目したい。(信濃川)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  ウクライナの反転攻勢が凄まじい。9月以降、ウクライナは東部、南部で627集落を奪還したと発表して…
    2. ■第1弾は、ソーシャルVR空間上で撮影した写真をフォトパネルに  アスカネット<2438>(…
    3. ■企画・運営・プロデュースなど、スマホやZoomを活かし中継  クリーク・アンド・リバー社<…
    2022年12月
    « 11月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る