【鈴木雅光の投信Now】退職金運用プランに騙されるな

定年を迎えて無事、退職金を受け取った人は、そのお金をどう運用すれば良いのかで頭を悩ませるでしょう。

指定した銀行口座に、1000万円、2000万円という大金が、ポンと振り込まれます。預金通帳には、これまで見たことがない「0」の羅列。これまで投資などしたことがないし、かといって預金では利息が付かない。う~ん・・・・・・。

などと考えあぐんでいる時に、退職金の振り込みを指定した銀行から1本の電話が。

「この度はご定年おめでとうございます。つきましては一度、支店長がご挨拶をと申しております」。

指定された日に銀行へ出向くと応接室に通され、上等な玉露茶が出されます。そして支店長登場。

「退職金の運用で何かお困りではありませんか。もし、よろしければ当行が責任を持って運用させていただきますが」。

大事な老後資金だけに、運用で失敗し、元本を大きく減らしてしまうような事態には直面したくないもの。かといって、自分で運用する自信がない人は、ここでこう言ってしまいます。

「よろしくお願いします」。

一体、どんな商品で運用されるのでしょうか。最近、多くの銀行が退職金運用の受け皿として提案しているのが「退職金運用プラン」という商品。銀行によって呼び名は異なりますが、内容はほぼ同じです。

具体的に、どのような中身かというと、たとえば運用資金が1000万円だとしたら、そのうち500万円を投資信託の購入資金に充てると共に、残りの500万円を「特別金利」が適用される定期預金に預けます。

特別金利は銀行によっても異なりますが、某地方銀行が提示しているのは年率換算6%というもの。この超低金利時代に6%ですからね。コロリと騙される人が後を絶たないそうです。

1年間を通じてずっと6%という高金利が適用されるなら納得できるのですが、この手のプランの落とし穴は、特別金利の適用期間が3カ月しかないこと。いくら年率換算6%といっても、適用期間が3ヶ月間では、年間を通じての適用利率は、実質1.5%程度に過ぎません。

「それでも年1.5%なら、普通の定期預金よりもいいじゃないか」と思う人も多いでしょう。ですが、このプランのもうひとつの落とし穴は、投資信託がセットになっていることです。いくら年1.5%分の特別金利が付いたとしても、投資信託の購入手数料で2%も取られたら、特別金利分以上のコストが取られてしまうのです。

こんな退職金運用プラン、絶対に利用してはいけません。

(証券会社、公社債新聞社、金融データシステム勤務を経て2004年にJOYntを設立、代表取締役に就任、著書多数)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る