【話題株】猛暑で浮上の小林製薬、業績好調、「熱さまシート」など話題性も

話題株

全国的に猛暑日が続く中で、4日は小林製薬<4967>(東1)が朝方に1万180円(160円高)まで上げ、株式分割などを考慮した上場来の高値を更新している。額(ひたい)用冷却シート「熱さまシート」などが好調の様子で、猛暑関連のアナ株として注目されている。

猛暑関連株としては、「ド真ん中銘柄」の伊藤園<2593>(東1)が連日2007年以来の高値を更新しているほか、アサヒグループホールディングス<2502>(東1)も高値圏で続伸など、すでに人気化している銘柄が少なくない。小林製薬は2番手銘柄の印象があるが、「その分、猛暑関連株人気が本格化してから出動しても間に合う銘柄として注目できそう」(国内証券)と位置づけられている。経済にとっては「夏は暑く、冬は寒く」なるほうがプラスであり、この面でも注目したいところだ。

業績は好調だ。第1四半期の連結決算(2015年4~6月)は7月27日に発表し、国内家庭用品製造販売事業では、今春に新製品を14品目発売した効果に加え、既存品の「サカムケア」などに加えて洗眼薬「アイボン」、女性保健薬「命の母A」、肩こり薬「アンメルツ」、インテリアフレグランス「Sawaday(サワデー)」などの好調を背景に、売上高は前年同期比10%増の299億7000万円となり、営業利益は同じく34%増の44億5000万円となった。

16年3月通期の業績予想は期初の見通しを変更せず、売上高は前期比3.6%増の1330億円、営業利益は同じく5.5%増の189億円、1株利益は319円28銭を据え置いた。ただ、今期発売の新製品を14品目には想定を上回る出足のものが少なからずあるもようで、栄養補助食品「ナットウキナーゼEX(イーエックス)」、サワデーの車用芳香消臭剤「Sawaday PINKPINK for Car(サワデー ピンクピンクフォー カー)」などは中期的な業績寄与が期待できるようだ。
引き続き、四半期決算の発表が近づくたびに材料視されそうな雰囲気がある。

株価は7月29日に増資や分割などを考慮した上で上場来初の1万円台に乗った。目先的には「大台固め」という相場用語があるように、1万円台を固めるモミ合いに転じる可能性はあるが、PERは1万円で33倍前後。トイレタリー関連株の中では割安に位置する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    新着記事

    ピックアップ記事

    1. ■東京2020オリンピック競技大会まであと200日!  東京2020大会のゴールド証券パート…
    2.  2020年1月6日(月)、日本取引所グループ(JPX)は東京証券取引所で新年恒例の「大発会」を…
    3. 株式市場における主要テーマとして注目  ブロックチェーンの技術を活用した新たな金融サービスの…
    2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    アーカイブ

    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る