カテゴリー:小倉正男の経済コラム

  • 【小倉正男の経済コラム】中国、市場経済への介入で変調という変数

    ■中国経済に変調の兆し  先日、駆動系の機械機器メーカーを取材した。その会社の経営者から、「中国からの受注に変調が出ている」という話があった。  今年前半には、「中国からの受注の回復が凄まじい。対応できない…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ビジネス ビル 企業

    【小倉正男の経済コラム】中国の不動産バブル崩壊、成長鈍化が顕在化か

    ■バブル崩壊でソフトランディングを狙う  中国の不動産大手企業・恒大集団の債務不履行(デフォルト)危機が続いている。恒大集団の負債総額は33兆円超というのだから凄まじい。  中国が不動産バブル、そしてバブル…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【小倉正男の経済コラム】「四半期決算見直し」はディスクローズでは大きな後退

    ■「四半期決算」と長期的利益は相関性がない  岸田文雄新総理が所信表明を行った。そのなかの「新しい資本主義の実現」の部分で、「分配戦略」を第一の柱として演説している。  「企業が長期的な視点に立って、株主だ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【小倉正男の経済コラム】岸田新総理:長期政権か短期で終わるかの分岐点

    ■TV局は総裁選=「権力闘争」をライブ中継  自民党総裁選だが、岸田文雄新総裁という結果となった。100代目の総理大臣が決まったわけである。  「総裁選」は、3週間にわたりワイドショーを筆頭に報道・情報番組…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【小倉正男の経済コラム】自民党総裁選:政治は怨恨・感情(ルサンチマン)で決まるのか

    ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうともいえない模様だ。自民党の総裁選でみていると、「感情」が無視できない要因となっている。感情というか、会社などでいえば、「…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【小倉正男の経済コラム】総裁選:「ガバナンス改革」が序盤戦の趨勢を決めた

    ■権力にはチェック・アンド・バランスが必要  菅義偉首相が、総裁選へ出馬を断念した。総理を退陣することになったことになる。新型コロナ感染症対策、経済政策で混迷をみせ、支持率は低迷に低迷を重ねた。追い詰められた菅首…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 国会議事堂 政治

    【小倉正男の経済コラム】「説明責任」=ガバナンスを果たさない日本の政治

    ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックということだが、オリンピックが終わった。  その途端に朝日新聞社の世論調査が発表された。同調査では、菅義偉内閣の支持…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 小倉正男の経済コラム

    【小倉正男の経済コラム】機械受注:先行指標・設備投資に回復の兆し

    ■機械受注は回復に好転  機械受注の動向だが、5月は総額ベースで2兆7547億円(前月比9・8%増)となった。4月の18・2%増に続いて回復傾向となっている。政府の新型コロナ感染対策の混迷や失態が経済の足を引っ張…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • アメリカ 米国

    【小倉正男の経済コラム】米国経済:雇用者数は85万人増に回復加速

    ■雇用は順調に回復  米国の非農業部門雇用者数は、6月は前月比85万人増と事前予想(70万人増)を上廻るものだった。5月の非農業部門雇用者数は55万9000人増だったが、雇用回復はさらに着実に加速されている。米国…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【小倉正男の経済コラム】米国CPIは5%上昇、インフレは「一時的」か否か

    ■消費者物価は4月4・2%、5月5・0%上昇  10日に発表された5月の米国消費者物価指数(CPI)だが、前年同月比5・0%上昇というものだった。4月は前年同月比4・2%増だったから、2カ月連続で上昇率は異例の高…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー別記事情報

新着記事

ピックアップ記事

  1. 2021-11-9

    三菱造船と日本郵船がCO2輸送技術の共同開発に合意

    ■CCUSバリューチェーン参画に向けて  三菱重工業<7011>(東1)グループの三菱造船と…
  2. 2021-11-1

    【株式市場特集】舶用エンジン株と舶用機器株など海運周辺株をマーク

     今回の特集は、舶用エンジン株と舶用機器株、さらにコンテナ船荷動きの活発化、運賃急騰で業績が上ぶれ…
  3. 2021-10-21

    鹿島・日立・電通など、新型コロナウイルスの陰性証明などを手ぶらで提示できるデジタルヘルス証明の実現に向け実証を開始

    ■新たなデジタルヘルス証明の実現に向けて共同実証を開始  鹿島<1812>(東1)、日立製作…
  4. 2021-10-12

    【この一冊】『旅と鉄道』増刊11月号「がんばれ銚子電鉄」を発刊

    ■相次ぐ経営難をユニークな施策や物販で乗り越えてきた「銚子電鉄」  インプレスホールディング…
  5. 2021-10-10

    【小倉正男の経済コラム】「四半期決算見直し」はディスクローズでは大きな後退

    ■「四半期決算」と長期的利益は相関性がない  岸田文雄新総理が所信表明を行った。そのなかの「…
IRインタビュー 一覧

テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

アーカイブ

「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
ページ上部へ戻る