【アナリスト水田雅展の銘柄分析】シンプロメンテは悪地合いでも下げ渋り、収益改善基調を評価する流れに変化なし

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 シンプロメンテ<6086>(東マ)は店舗設備・機器メンテナンスサービスを展開している。株価は悪地合いの影響で急落する場面があったが、15年2月の年初来安値を割り込むことなく下げ渋る動きだ。16年2月期の収益改善基調を評価する流れに変化はなく切り返す展開だろう。

■店舗設備・機器メンテナンスサービス

 大手飲食・小売チェーンを主要顧客として、店舗における内外装および各種設備・機器(厨房機器、給排水・衛生設備、空調・給排気・ダクト設備、電機設備、照明機器、ガス設備、看板、自動ドア・ガラス・鍵・シャッターなど)の不具合を解決するメンテナンスサービスを提供している。なお事業区分はワンストップメンテナンスサービスとメンテナンスアウトソーシングサービスとしている。

 ワンストップメンテナンスサービスでは、各種設備・機器の突発的なトラブル発生時に対応する緊急メンテナンスサービスを主力として、各種設備・機器の点検・整備・洗浄・清掃を定期的に行う予防メンテナンスサービスも提供している。

 メンテナンスアウトソーシングサービスでは、当社のメンテナンス体制を厨房機器メーカーにOEM的に提供することで、メーカーのメンテナンス業務のサポートを行っている。

 全国の店舗から24時間365日、修理・メンテナンスの依頼を受け付け、依頼の種類・地域・内容などに応じて全国のメンテナンス協力業者(メンテキーパー)から適切な業者を選定・手配し、店舗の設備・機器等の不具合を解決することが特徴だ。

 15年2月期末時点の顧客店舗数は外食業界、物販・小売業界、美容・介護業界など合計2万4997店舗(14年2月期末は2万8507店舗)、メンテキーパー数は厨房機器関連、給排水関連、空調・ダスト関連、電気関連、ガス設備関連など合計4742社(同4831社)だった。

■第1四半期は大幅増益、16年2月期通期も収益改善基調

 15年2月期の四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期(3月~5月)9億80百万円、第2四半期(6月~8月)12億66百万円、第3四半期(9月~11月)10億77百万円、第4四半期(12月~2月)9億84百万円だった。営業利益は第1四半期12百万円、第2四半期59百万円、第3四半期14百万円、第4四半期19百万円だった。

 また15年2月期の配当性向は36.7%だった。ROEは14年2月期比8.1ポイント低下して8.7%、自己資本比率は同2.0ポイント上昇して52.2%だった。

 今期(16年2月期)の非連結業績予想(4月14日公表)は、売上高が前期比5.7%増の45億53百万円、営業利益が同51.8%増の1億58百万円、経常利益が同51.0%増の1億59百万円、純利益が同32.1%増の93百万円としている。配当予想は前期と同額の年間15円(期末一括)で予想配当性向は27.7%となる。

 売上面では新規顧客獲得に向けた継続的な営業活動、修理・修繕と入替を組み合わせた提案営業などで増収を見込み、利益面では増収効果に加えて、メンテキーパーの再編・再整備による稼働率向上・クオリティ向上、継続的な人材教育強化による社員のスキル向上と業務効率向上、新システム導入による顧客・メンテキーパーとのやり取り効率化と社内業務効率化で大幅増益見込みとしている。

 第1四半期(3月~5月)は売上高が前年同期比13.4%増の11億12百万円、営業利益が同3.7倍の46百万円、経常利益が同3.7倍の46百万円、純利益が同4.3倍の29百万円だった。増収効果で大幅増益だった。

 緊急メンテナンスサービスでは、既存顧客の取引アイテムおよび取引エリアの拡大によって受注量が増加し、新規顧客獲得も順調に推移した。予防メンテナンスサービスでは複数社から大型案件を受注した。メンテキーパーの見直しなどの施策も奏功したようだ。なお売上総利益率は同2.1ポイント上昇して22.7%、販管費比率は同0.8ポイント低下して18.6%となった。

 前期(15年2月期)は一部アイテムでの原価上昇、新規顧客での早期シェア確保のための営業的な価格政策などで売上総利益率が低下し、将来の受注拡大を見据えた人員確保による販管費の増加などで大幅減益だったが、メンテキーパー網の再整備などで収益改善を進めている。

 メンテナンス業務のアウトソーシング化の流れも背景として、飲食店向けを中心に依頼件数は増加基調であり、業務効率改善も寄与して収益改善基調だろう。通期予想に対する第1四半期の進捗率は売上高が24.4%、営業利益が29.1%、経常利益が28.9%、純利益が31.2%と高水準であり、通期業績の会社予想には増額余地がありそうだ。

■アウトソーシング化の流れで中期成長期待

 中期成長に向けた重点戦略としては、既存サービスの提供手法の多様化、他社との協業による新サービスの開発、メンテナンス研修を軸としたサポートメニューの強化も推進する。

 ワンストップメンテナンスサービスでは、外食業界以外の物販・小売、理美容、教育、医療・介護、宿泊・娯楽などの業界にも新規顧客開拓を推進する。メンテナンスアウトソーシングサービスでは、サービスをOEM的に提供する企業の増加を目指すとともに、個人経営店舗向けの提供も視野に入れてシェア拡大を図る方針だ。

 外食業界や小売業界などでは、店舗の老朽化や人手不足の深刻化、店舗の衛生環境改善や従業員の労働環境改善に対する意識の高まりも背景として、メンテナンス業務のアウトソーシング化が一段と進展することが予想される。新規サービス開発なども寄与して中期的に収益拡大が期待される。

■株価は悪地合いで反落したが下げ渋り

 株価の動きを見ると、悪地合いの影響で8月25日に913円、そして9月7日に921円まで急落する場面があったが、15年2月の年初来安値836円を割り込むことなく下げ渋る動きだ。収益改善基調を評価する流れに変化はないだろう。

 9月7日の終値980円を指標面で見ると、今期予想PER(会社予想のEPS54円06銭で算出)は18~19倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間15円で算出)は1.5%近辺、前期実績PBR(前期実績のBPS481円22銭で算出)は2.0倍近辺である。また時価総額は16億95百万円である。

 悪地合いの影響を受けて7月の年初来高値1231円から反落したが、週足チャートで見ると26週移動平均線を維持している。また15年1月中旬~7月上旬のモミ合いレンジ900円近辺が下値支持線の形だ。16年2月期の収益改善基調を評価する流れに変化はなく切り返す展開だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  Lib Work<1431>(東証グロース)は6月17日、安心計画社と共同開発したAIを活用した…
    2. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    3.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る