【木村隆のマーケット&銘柄観察】ケーヒンはハイブリッド車用制御製品など環境先進技術製品が伸びる

木村隆のマーケット&銘柄観察

ケーヒン<7251>(東1)は12月9日に高値1815円を実現した。これは2011年3月以来のこと。11月の決算発表時に小幅ながら今2015年3月期の営業利益を上方修正したことが手掛かり。その後は利益確定の売りが先行しているが、今回は第1回目の増額。今後に2回目の増額が控えており、好業績評価の波は継続の方向が予想されている。

今期の予想PERは10倍台。絶対的に割安な水準に留まっているが、2回目の増額でさらに割安になる。環境先進技術製品の拡販で、来期収益も続伸の可能性が強い。PBRが0.79倍に留まっていることも、割安感を増幅する。

ホンダ<7267>(東1)系列の自動車部品メーカー。インジェクターなどの燃料供給系部品を中心に、電子制御ユニット、空調システムなども手がける。

最近伸びているのが、環境先進技術製品で四輪車用製品では、ハイブリッド車用制御製品や直噴インジェクターなどである。ホンダのハイブリッド車種の拡充に伴い、ハイブリッド車用制御製品が拡大する見通し。加えて、ハイブリッド車用製品の領域拡大に向け、パワーコントロールユニットの構成部品の内製化にも取り組んでいる。

ホンダは2013年11月、クラストップレベルの出力性能と環境性能を両立した直噴ガソリンターボエンジンを新開発したと発表、直噴インジェクターを手掛ける同社が注目される。

今期の営業利益は会社側見通しの220億円を上回る230億円(前期199億円)に増額の見方が強い。(木村隆:日本証券新聞取締役編集局長を経て株式評論家)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る