【銘柄フラッシュ】大林道路が急伸しラオックスやセキドなどには「爆買い」期待

株式市場 銘柄

 1日は、大林道路<1896>(東1)が30日に発表した業績予想の増額修正などを材料に朝から買い気配のまま15.3%高のストップ高を続け、大引けにストップ高で売買が成立して東証1部銘柄の値上がり率1位。ダイセキ環境ソリューション<1712>(東1)は30日に発表した四半期決算などを好感して6.4%高の活況高となり、住友不動産<8830>(東1)は後場一段高の6.5%高となり後場、日銀の追加緩和期待が再燃して不動産株は軒並みジリ高。マツダ<7261>(東1)は独フォルクスワーゲンにまつわる連想の後退などから一段高となり5.2%高と出直りを強めた。

 TASAKI<7968>(東1)は中国の国慶節連休(10月1日~7日)の訪日観光客などによる「爆買い」を連想材料に前場から急伸状態を続けて11.5%高となり、ラオックス<8202>(東2)は6.8%高、コメ兵<2780>(東2)は5.7%高、セキド<9878>(東2)は4.0%高。

 ウエディングドレスなどのクラウディア<3607>(東1)は30日に発表した前期決算などが好感されて10.2%高となり、「婚活」サイト運営などのIBJ<6071>(東1)も7.2%高。藤田観光<9722>(東1)も6.6%高。

 日本メディカルネットコミュニケーションズ(JMNC)<3645>(東マ)は広島大学発の遺伝子研究ベンチャー企業との提携が好感されて21.3%ストップ高の急伸となり、トランスジェニック<2342>(東マ)は自己採取HPV併用検査の開始などが言われて10.9%高。医学生物学研究所<4557>(JQS)は臨床検査受託業界の再編機運などが思惑視され6.5%高。

 キーウェアソリューションズ<3799>(東2)東北福祉大学などと共同で医療安全管理モニタリング情報システム「HoSLM」を開発したと発表などが好感されて一時15.9%高となり、ソフトフロント<2321>(JQG)は日本郵政グループの事業を請け負うデジタルポスト(東京都港区)に出資するとされて郵政グループ3社の11月上場と関連づけられ10.1%高。ラクーン<3031>(東マ)はモバイル決済システムなどのフライトホールディングス<3753>(東2)グループとの提携などが好感されて9.1%高となり4日連続で日々の上値を上げた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る