【引け後のリリース】IHIが神戸製鋼所から超々臨界圧石炭火力発電ボイラ受注

引け後のリリース

■世界最高水準の環境対策技術などで安定的なベースロード電源に

 IHI<7013>(東1・売買単位千株)は9日付で、世界最高水準の石炭火力発電技術と環境対策技術を導入した超々臨界圧石炭火力発電ボイラを神戸製鋼所<5406>(東1)から受注したと発表した。

 発表によると、石炭火力発電は、高い発電効率と優れた環境性能の設備を用いる上で、燃料の供給安定性や優れた経済性、また、長年の運用実績にもとづく高い信頼性により、今後も国内の重要なベースロード電源としての役割を期待されている。

 今回受注したUSCボイラは、蒸気を超高温・超高圧化することで発電効率を高め、燃料の使用量と二酸化炭素の排出量を抑制することが可能。また、国内最高水準の環境規制値を達成するために、排煙脱硝装置、ガスガスヒータ装置も同時に納入し、煙突から出る排ガスをクリーンにし、大気環境の保全に大きく貢献する。

 神戸製鋼が神戸製鉄所(兵庫県神戸市灘区)内に火力発電所を建設するプロジェクト向けで、運転開始は 1基目が2021年度、2基目が2022年度の予定。IHIは、同社向けに大型石炭火力発電ボイラを2004年に納入しており、既設機の効率、運用性が高く評価され受注に至った。

 株価は2015年6月の610円を年初来の高値として長期調整相場となっており、中国株の波乱を契機とした全体相場の急落局面では、9月29日に一時300円まで下押した。しかし、9日は366円(15円高)となり5日続伸。テクニカル的には25日移動平均と5日移動平均が出直る形でクロス(交差)し、調整一巡の形になりつつある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る