【小倉正男の経済羅針盤】日韓首脳会談=外交の無礼は高く付く

日韓

■昼食会(ランチ)もない無礼

小倉正男の経済羅針盤日韓首脳会談はあったが、昼食会も共同発表・記者会見もないというのだから、呆れるしかない。

日韓両首脳の笑顔や握手がワン・アンド・オンリーな「中身」ということだ。そんなことで安倍晋三首相が韓国まで出向く必要があったのだろうか。

日本側が昼食会を提案したが、韓国がそれを断ったという・・・。一国の首相が韓国まで足を運んでいるのにランチもないというのだから、無礼きわまりない。本来は安倍首相が席を立って憤然と帰ってくるぐらいの無礼である。

韓国は、アメリカが困惑を通り越して怒るほど、中国に接近してしまっている。中国としては、韓国の「同盟国」化は、思う壺ということになる。
「嫌韓」とかいわれるが、これでは「呆韓」というしかない。

■「外交の無礼」は高く付く

シャルル・ドゴールなど訪米した時に空港に出迎えたのが若造の副大統領(当時=ニクソン)であることに憤然とした。大統領のアイゼンハワーが出迎えに来なかったことが無礼に当ると怒り心頭となった。

ドゴールは帰国すると、NATO(北大西洋条約機構)からフランス軍を引き上げさせ、自国の核武装に走った。

フランスが、アメリカの核や軍事力に守られているのでは、アメリカの無礼を甘受するしかない。ドゴールは、アメリカに侮られるなら、自国の核や軍事力を強化するという行動に出たわけである。

「外交の無礼」は、高く付く見本である。韓国の朴大統領は、昼食会もない、共同発表・記者会見もないといった外交の無礼を行った。
日本側としては、顔には出さないが、「恥をかかされた」と思ったに違いない。これはいずれ高く付くことになるのでないか。

■「焼肉」どころか「皮肉」が入っている?

安倍首相は、朴大統領との会談後、「せっかくですから、外に焼肉を食べに行きます」と話したという。朴大統領からは「焼肉がお好きなんですね」と。もう少し気の利いた返答ができないものか。なんともいえない話である。

「焼肉」どころか「皮肉」も入っているのか、そこいらの人たちの会話になっている。

一国の首相と一国の大統領の会話としては、なんとも違和感がある。
ゲストが、外の一般の焼肉店に自分で予約して出かける。ホストが、そうですか、ではそうしてください。これでは、焼肉を食べたら、さっさと帰るしかない。

隣国とは難しいもので、こじれるとどうにもならない。「呆韓」の念を持っても引っ越すわけにもいかない・・・。

(経済ジャーナリスト。『M&A資本主義』『トヨタとイトーヨーカ堂』(東洋経済新報社刊)、『日本の時短革命』『倒れない経営』『第四次産業の衝撃』(PHP研究所)など著書多数。東洋経済新報社で編集局記者・編集者、金融証券部長、企業情報部長などを経て現職。)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る