ビューティガレージの第2四半期は店舗設計・その他周辺ソリューション事業が好調

■物販事業は為替差損あるがオンライン販売は大幅伸長

 ビューティガレージ<3180>(東マ)は7日、16年4月期第2四半期連結業績を発表した。本日の株価終値は、3円高の927円だった。通期の予想1株利益が50円54銭のため、予想PERは18倍台になり、市場平均と比較して割高感はないと言える。

 同社グループは、プロ向け美容商材ネット通販の最大手であり、ITとリアルを融合連携させ、美容商材の物販事業と開業・経営ソリューション事業を手掛ける。発表によると15年10月末時点でのアクティブユーザー(過去1年間に1回以上購入したユーザー)は82,355口座(前年同期比9,925口座増)に伸長し、売上高は前年同期比17.4%増の41億2600万円となり堅調に推移した。

 利益面では、販管費の圧縮に努力したことで営業利益は同0.1%増の1億7600万円となったが、為替差損の計上もあり、経常利益は同5.9%減の1億7200万円、四半期純利益は同4.5%減の1億800万円となった。

 セグメント別に見ると、物販事業は売上高が同14.0%増の31億66百万円、営業利益が同10.6%減の2億4百万円だった。円安に伴う原価率の上昇などで減益だったが、主力のオンライン経由の売上高は同約125%の伸長と好調に推移した。

 店舗設計事業は売上高が同35.4%増の8億11百万円、営業利益が75.0%増の43百万円だった。新規顧客開拓や大型案件の獲得が寄与した。その他周辺ソリューション事業は居抜き不動産仲介サービスなどが好調に推移して、売上高が同8.0%増の1億48百万円、営業利益が同81.6%の29百万円だった。

 同社の業績面での特色としては、美容サロンの新規開業が春先に集中する傾向があることなどから、第4四半期の構成比が高いという季節要因がある。今期通期の連結業績予想は期初予想を据え置き、売上高は前期比16.7%増の84億8800万円、営業利益は同24.3%増の4億6700万円、親会社に帰属する純利益は同21.2%増の3億100万円、1株利益は50円54銭。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    2. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    3.  今週の当特集は、最下位市場のG市場も含めて本気度銘柄に加え、株価的に割安な銘柄にこそ「メークドラ…
    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る