【チャート診断】武田薬は短期有望も上値を多くは期待難しい、配当狙いの中期対応で

武田薬品工業 4502

 武田薬品工業<4502>(東1・売買単位100株)は、トヨタ自動車と並ぶ優良銘柄で共に3月に年初来高値をつけた。ただ、足元では両者の動きに強弱の違いがみられる。

<株価の歩みと位置>

 中期・週足では2014年10月の4337円から2015年3月の6657円まで53.4%上昇した。同じ、今年3月に高値をつけたトヨタ自動車の2014年10月からの上昇率53.8%とほとんど同じだった。そして、12月8日現在の位置はトヨタが高値に対し8.6合目であるのに対し武田は8.9合目とやや高値に近い水準にある。

 しかし、足元の日足チャートではトヨタが25日線を上回って推移しているのに対し武田はほぼ1週間にわたって25日線を下回って推移している。

<マーケットの視点>

 同社は有力な優良銘柄ではあるが、今年の最大のマーケットテーマとなっている、「ROE」が前3月期ではマイナス、今3月期も予想3%台ていどと低いことから積極的に買い難いということがあるようだ。巨額の糖尿病薬訴訟、降圧剤の誇大広告で厚生労働省から改善命令を受けるなど印象的には芳しくない。

 今3月期の営業利益は1050億円と前期の赤字1292億5400万円から黒字転換の見通しで、特に、第2四半期実績において営業利益1104億4900万円を上げ、通期見通しを上回っていることで通期上触れの濃厚な点がマーケットの注目となっている。1株利益は86.5円、配当は年180円(期末90円)の見通し。

<株価の方向と短期・中期判断>

 日足では25日線を下回っているが、週足では13週線と26週線の間でモミ合っており悪い足取りではない。ただ、3月の6657円と6月の6600円でダブルトップを形成しており上値も重そうである。

 足元の5800円前後は年間配当に対する利回りが3.1%、期末配当でも1.55%と高く、4ヶ月先を見据えての配当取り狙いの買いが入っているようだ。ただし、PERは67倍ていどと非常に高い。

 このため、値幅狙いということでは次期(2017年3月期)の1株利益がどこまで伸びてくるかにかかっているといえるだろう。短期的には輸出関連銘柄が動き難くなれば内需関連としての人気を持つことから注目され25日線(6090円前後)までは戻す場面は予想されるが、それ以上は難しそうである。やはり、配当狙いでの中期での買いがよいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■月面等での建設活動に資する無人建設革新技術開発推進プロジェクト  コマツ<6301>(東1…
    2. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    3. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    2022年1月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る