パイプドHDはパイプドビッツの事業の一部を新会社へ継承することを決議

IR企業情報

■持分法適用会社のカレンの第三者割当を引き受けることも発表

 パイプドHD<3919>(東1)の子会社、パイプドビッツは、14日開催の取締役会で3月1日を効力発生日として、パイプドビッツの事業の一部を会社分割もしくは当社が出資する新会社へ事業譲渡し、それらの事業を新会社へ承継することを決議した。

 当社は、9月1日付で持ち株体制に移行し、「グループ経営の視点で企画、検討、判断する組織」と「事業遂行に集中し拡大・発展させる組織」とを切り離し、それぞれ専門化させることにより、グループ全体での中長期の持続的成長や業容・組織の拡大などを通じた企業価値向上を目指している。

 今回の組織再編成では、連結子会社であるパイプドビッツのメディアストラテジーカンパニー、アパレル・ファッションカンパニー、美歴カンパニーについて、個別事業に経営資源を集中させることを目的に分社化もしくは新会社を設立する。

 具体的には、パイプドビッツのメディアストラテジーカンパニーを新会社、ゴンドラが継承する。また、パイプドビッツのアパレル・ファッションカンパニーを新会社、フレンディットが引き継ぐことになる。パイプドビッツの美歴カンパニーについては、新会社美歴が事業を継承する。

 また、同日、持分法適用会社のカレンの第三者割当を引き受けることも発表した。

 パイプドビッツの情報資産プラットフォームの販売面での協力関係にあるカレンとの更なる事業連携の強化を目的として、同社が実施する第三者割当増資を引き受ける。

 現在、カレンの株式を12,000株(所有割合39.02%)所有しているが、今回更に6,000株を取得することで、合計18,000株(同47.18%)となる。取得価額は、1,500万円。払込期日は12月21日。

 なお、今期業績に与える影響は、軽微としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る