【チャート診断】関東電化は短期反発見込めるが深追い慎み700円割れまで待って中期買いスタンスで

チャート診断

 関東電化工業<4047>(東1・売買単位1000株)は8月のチャイナショックでも高値更新に買われたが、足元ではその時の反動が出ている。短期反発見込めるが、700円割れで中期狙いがよさそうだ。

<株価の歩みと位置>

 2014年8月に250円前後のモミ合いを上放れ、2015年8月の1098円まで1年間にわたって上昇した。この間の上げ幅は約850円、上昇率は約4.3倍だった。

 中国ショック安の相場の中でも比較的堅調で8月高値後のボトムは10月の720円だった。ただ、11月に1026円と再度、買われたものの8月高値を抜くことができず「二番天井」形成の様相となっている。

 足元では、11月高値から急反落、15日には780円まで下げ10月安値720円に近づく展開となっている。8月の年初来高値1098円に対しては現在、約7合目水準である。

<マーケットの視点>

 マーケットでは、8月まで買われたことで上値にシコリがどの程度残っているかを気にしている。実際、東証個別信用残、日証金残ともかなりの買い長となっている。

 一方、今3月期業績見通しの好いことにも注目している。原油安硬化で9月中間期の営業利益は前年同期比3.0倍の38億8200万円と好調。通期の営業利益は68.6%増の78億円見通しだが、中間期の進捗率は49.7%で通期増額となるかどうかは微妙といえる。1株利益99.9円、配当は年6円(前期年3円)の見通し。

<株価の方向&短期・中期見通し>

 PERは7.8倍だが、利回りは0.76%にすぎない。このあたりを株価がどう判断するかがポイントといえるが、8月の4ケタ乗せで、今期のおおはば増益はそうとう織込んだように思われる。

 チャートでは週足で二番天井型となっているだけに高値更新は難しいのではなかろうか。短期的には反発場面はあっても中期的な株価の方向としては、期中に今期の増額修正があれば別だが、増額がない場合は、高値圏のモミ合いのように思われる。

 さらに、先行き株価ということでみれば次期(17年3月期)の1株利益と配当の見通しにかかっているといえるだろう。四季報・新春号では次期予想を1株利益微減、配当は年6.0~年10.0円と報道している。

 信用買残の多いことを考えれば、今後予想される短期の反発場面では深追いしないで、700円割れを待って中期スタンスで注目するのがよさそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年6月
    « 5月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る