【引け後のリリース】上場1週間のラクスが早速、クラウドサービスでの提携を発表

引け後のリリース

■自社のメール管理システムと連携しECショップの業務効率化などに貢献

 クラウドを活用した経費精算ソフト「楽楽精算」などのラクス<3923>(東マ・売買単位100株、12月9日上場)は16日の大引け後、複数のネットショップの受注・在庫・商品などを一元管理するクラウドサービスを展開するNHNテコラス株式会社(東京都新宿区)との提携を発表。中長期的に当社の業績に資するものと考えるとした。

 上場して1週間ほどの企業が業務提携などを発表する例はそれほど多くない。発表によると、NHNテコラスのネットショップ向け一元管理サービス「TEMPOSTAR(テンポスター)」ち、ラクスのメール共有・一元管理サービス「メールディーラー」とのシステム連携が実現することで、ECショップで購買を行った購買者から届いた問い合わせメールの画面から、注文状況などをワンクリックで確認することができるようになる。

また、ECショップが「TEMPOSTAR」と「メールディーラー」を組み合わせて利用することによって、商品の追加や配送先変更など、購買者からの様々な要望や問い合わせに対して正確かつ迅速な対応ができるようになり、業務の効率化と購買者の満足度向上に繋がるという。

 ラクスの2016年3月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比17.6%増の40.14億円、営業利益が同27.9%増の5.69億円、純利益は同6.8%減の3.53億円、予想1株利益は32円12銭。

 公開価格は1080円で、上場初日は買い気配のまま初値がつかず、2日目(12月10日)に公開価格の3.3倍の3550円で初値がついた。その後の高値は10日の3620円。予想1株利益からみたPERが113倍になるためか、この高値から連日下値を探る展開になり、16日に一時2013円まで下げた。ただ、この水準ではPER62倍になり、業績の好調なIT関連のニューフェイスとしては割高感がかなり後退したと見ることが出来そうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る