【小倉正男の経済羅針盤】ひとつの時代の終焉=米国の利上げと中国の低迷

アメリカの利上げは意味のない「勝利」にならないか

 アメリカは、昨年12月に利上げを行うことを決定した。アメリカが利上げをするのは9年半ぶりということである。

 アメリカ経済は、利上げを行うのだから、良い状態にあるのは確かなのだろう。

 しかし、中国、欧州、中東と世界経済が思わしくない状態にあるのに、アメリカだけが正常化=利上げを行うというのが「正常」なことだったのだろうか。

 アメリカが利上げを行えば、世界中のおカネがアメリカに集まってくる。ドルが強くなるのだから、それだけでおカネがアメリカを目指すことになる。世界のおカネの流れが大きく変化する。

 アメリカ経済の一人勝ち体制に入るわけだが、それが世界経済に「変調」を来たすとすれば、意味のない「勝利」になるのではないか。全体が窮乏化するなかで、一国だけが繁栄を続けることはできないからだ。

中国経済の本当の「サーキットブレーカー」はアメリカの金利動向

 問題は、中国経済の低迷だ。高度成長から「新常態=ニューノーマル」にするというのだが、これも「正常」に復するとしている。

 中国経済が低迷すれば、それだけでおカネは中国から出ていくことになる。人民元安、つまり元は安くなる。元が安くなるとすれば、さらにおカネは逃げることになる。

 アメリカの利上げは、元を売って、ドルを買う動きを加速化する――。

 昨年来、アメリカが利上げをする素振りを見せると、中国の株価が大きく下がるという現象が繰り返されてきた。アメリカが、利上げの機運を後退させると、中国株式市場の低落が収まるといった具合だった。

 中国経済の安定は、小手先のテクニカルな「サーキットブレーカー制度」ではまったく間に合わない・・・。中国経済の本当の「サーキットブレーカー」(遮断器)は、アメリカの利上げ見送りだったのではないか。

アメリカの利上げは短命になるのではないか

 中国経済の低迷が加速化すれば、原油価格は大きく低下する。中国経済の低迷は、「石油ガブ飲み」ではなくなるということになる。中国経済の低迷は、原油のみならず、資源という資源の需給に影響を与えている。

 原油価格の低下は、アメリカにハネ返っている。アメリカは、シェールオイルによって世界最大の産油国になっている。原油価格の低迷は、シェールオイル関連のジャンク債暴落を呼んでいる。

 アメリカの足元にも火の手が上がっている。そうしてみると、アメリカの利上げは短命になるのではないか、ということになる。

 中国経済の成長は、技術とおカネは外資に依存する格好で成し遂げられた。しかし、元手である労働力は、そう安いものではなくなっている。いまの世界的な株式市場の極端な混迷は、ひとつの時代の区切りを現わしていることだけはまぎれもない。

 ひとつの時代の終わりは、また新しい時代の始まりである。苦難は苦難だろうが、受け入れて始めるしかない。ただ、それだけ、それがいまということになる・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る