【株式市場】「マイナス金利」の恩恵株など強く日経平均は一時318円高まで上げ2日続伸

株式

◆日経平均の終値は1万6054円43銭(31円85銭高)、TOPIXは1297.01ポイント(4.78ポイント高)、出来高概算(東証1部)は増加して31億5864万株

チャート2 16日後場の東京株式市場は、円安が進んで一時ドルに対して115円に迫る場面があり、日経平均は株価指数の先物主導で一段高となり、13時30分にかけて318円98銭高(1万6341円56銭円)まで上げ幅を広げた。その後は円安基調の鈍化や今夜の欧米市場に対する手控え感などが言われ、不動産株や大手銀行株などが高値モミ合いに転じ、日経平均も騰勢一服感が強まった。昨日の1069円高に続期2日続伸。主な株価指数はすべて高い。

 後場は、三井不動産<8801>(東1)などや住宅株が日銀の「マイナス金利」政策の16日実施や住宅ローン金利の引き下げ拡大を好感して軒並み高となり、ソフトバンクグループ<9984>(東1)は自社株買いなどが好感されてストップ高を継続。さくらインターネット<3778>(東1)などのフィンテック(金融IT)関連株も本日の高値圏で推移し、マイネット<3928>(東マ)などオンラインゲーム関連の好業績株も高い。また、アートスパークホールディングス<3663>(東2)アイサンテクノロジー<4667>(JQS)などは自動運転技術への関与や仕手性が言われて急動意。アクロディア<3823>(東マ)は業務提携などが好感されてストップ高。 

 東証1部の出来高概算は増加して31億5864万株(前引けは14億2744万株)、売買代金は2兆8848億円(同1兆2494億円)。1部上場1937銘柄のうち、値上がり銘柄数は965(同1381)銘柄、値下がり銘柄数は873(同477)銘柄。

 また、東証33業種別指数は19業種(前引けは27業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、保険、鉄鋼、不動産、証券・商品先物、鉱業、銀行、情報・通信、卸売り、その他金融、機械、電気機器、などとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る