【株式市場】指標国債の入札もマイナス金利とされ日経平均は反発

株式

◆日経平均の終値は1万6085円51銭(58円75銭高)、TOPIXは1300.83ポイント(2.98ポイント高)、出来高概算(東証1部)は22億2463万株

チャート15 3月1日後場の東京株式市場は、長期金利の指標になる10年国債の利回りが新発債入札の段階から落札利回りが史上初のマイナス金利になったと伝えられ、実勢金利の低下機運から三井不動産<8801>(東1)などの不動産株が一段上値を指向。日経平均は前引けの109円92銭安(1万5916円84銭)から持ち直して13時頃に72円66銭高(1万6099円42銭)まで上げた。ただ、その後は再び小安くなる場面を交えて一進一退となり、大引けは小反発だが方向感のつかめない展開になった。主な株価指数は東証2部指数を除いて堅調だった。

 後場は、ニチレイ<2871>(東1)が14時の自社株買い発表を好感して一段高となり、WOWOW<4839>(東1)は新番組への期待などが言われて一段ジリ高。アイサンテクノロジー<4667>(JQS)は自動運転関連株人気に乗る形でストップ高となり、セレス<3696>(東マ)は「ビットコイン」などの仮想通貨ビジネス関連株人気が波及し急伸。昨日マンションの鉄筋切断施工報道で下げた熊谷組<1861>(東1)も反発。

 東証1部の出来高概算は22億2463万株(前引けは10億6589万株)、売買代金は2兆1418億円(同9800億円)。1部上場1942銘柄のうち、値上がり銘柄数は980(同610)銘柄、値下がり銘柄数は838(同1196)銘柄。

 また、東証33業種別指数は20業種(前引けは10業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、不動産、建設、食料品、陸運、鉱業、金属製品、証券・商品先物、医薬品、その他金融、などとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    2. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    3.  今週の当特集は、最下位市場のG市場も含めて本気度銘柄に加え、株価的に割安な銘柄にこそ「メークドラ…
    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る