クリーク・アンド・リバー社の子会社エコノミックインデックスは「EIセンチメント」クラウド版の提供を開始

新製品&新技術NOW

■業績や販売データなどの変動要因を、人工知能を用いてリアルタイムで分析・検証できるソフトウェア・ツール

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東2)のグループ企業で、データ情報分析サービスを行うエコノミックインデックスは、業績や販売データなどの変動要因を、人工知能を用いてテレビやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)上のデータからリアルタイムで分析・検証できるソフトウェア・ツール「EIセンチメント」クラウド版の提供を開始した。

 この提供開始に合わせて当社では、Webやスマートフォンを用いた販促などのデジタルマーケティング、テレビ番組や広告・宣伝制作分野へ活用提案を進める。コンバージョンレート(Webサイトの訪問者が購入や登録を行った率)の改善や販売・宣伝・広報戦略の見直しなど、クライアント企業のKPI(Key Performance Indicator :主要業績評価指標)に即した戦略の立案が可能となる。

 「EIセンチメント」は、SNSやテレビなどの各種メディアにおいて、企業の広報宣伝活動や報道などによって話題となっている言葉=“空気”が自社の売上高や販売数などのKPIに与える影響度を俯瞰的に可視化・検証するデータ分析サービス。このサービスを使うと、日々企業が注目しているKPIを入力すると、業績の変動と相関関係にあると推測されるキーワードが導き出され、クライアント企業が想定していなかったことを発見できる。

 2015年春よりEI社では、企業からの依頼に応じてデータサイエンティストが、世間にあふれるビッグデータから、埋もれている“空気”を発掘してビジネス視点や分析結果を報告するサービスを行ってきた。しかし、レポートには高い評価を得ながらも、データサイエンティストがチューニングを繰り返すプロセスは時間がかかり、分析作業に数ヵ月かかることもあった。

 今回提供を開始したクラウド版は、アルゴリズム(プログラムの処理手順)を自動化させ、業績数値と分析対象となるキーワードも汎用的なリストから適時取捨選択できるようにしたことで、データサイエンティストの力を借りなくても、人工知能によって企業の誰もが手軽に使用できるソフトウェア・ツールとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2.  ホンダ<7267>(東1)の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バーク…
    3. ■バッテリー駆動時間が驚くほど飛躍的に向上  Appleは9月14日(米国時間)、iPhon…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る