【話題株】テラが4ケタ乗せでモミ合い放れの好チャート、エコノミスト誌の樹状細胞ワクチン報道で見直し人気高まる

話題株

 がん免疫療法のテラ<2191>(JQ・100株)が23円高の1006円と4ケタに乗せチャートが上放れ濃厚の注目される展開だ。きっかけとなったのは、エコノミスト誌(毎日新聞)の最新号で同社の手掛ける、『樹状細胞ワクチン』が、加納 圭教授(滋賀大学教授・京都大学特任准教授)執筆の記事が掲載されたこと。

 樹状細胞は,B細胞、T細胞、マクロファージーと並んで免疫細胞の一つ。触手のようなものが四方八方に何本も出た形をしており、樹木が枝を広げているようにみえることから名付けられているという。人の体内では、1日に数千個のがん細胞が発生しているといい、それを発生直後に取り除いてくれているのが免疫細胞ということだ。免疫療法の中でも最新の治療法が樹状細胞ワクチンとして注目されている。

 教授のレポートによると、樹状細胞ワクチンGVAXは現在、別のワクチンとの併用で臨床試験フェーズ2(中間ステージ)の段階にある。アルゴス・セラピューティクス社による腎臓がん向けの樹状細胞ワクチンAGS-003は、フェーズ3(最終ステージ)にある。日本では2013年にメディネット社がマルゴス社とAGS-003のライセンス契約を結び、東京大学医学研究所発のベンチャー企業、「テラ」が樹状細胞ワクチン・バクセルの臨床試験フェーズ1の好成果を15年に発表。今後、本格的に第4のがん治療として広がっていく期待が高まっていると紹介している。

 テラの、契約医療機関における樹状細胞ワクチン療法の症例数は設立以来で約1万0100症例となっている。株価は、樹状細胞ワクチンへの期待で2013年5月に4970円の高値がある。足元で4ケタに乗せたことで800~1000円のモミ合い放れから2000円前後へ上値を伸ばしそうな展開となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■消費者物価は4月4・2%、5月5・0%上昇  10日に発表された5月の米国消費者物価指数(…
    3. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    2021年8月
    « 7月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る