ベステラ:点群3D Map利用ロボット開発で一歩前進

図=3Dレーザー計測

■京都・山口両大学、国際レスキューシステム研究機構と共同研究開始

 ベステラ<1433>(東マ・100株)は9日の取引終了後、京都大学、山口大学および、特定非営利活動法人国際レスキューシステム研究機構と、それぞれ「点群3D Map利用ロボット開発」を研究課題とした共同研究契約を結んだと発表した。

 共同研究では、同社が開発した3Dレーザー計測技術をロボットの自律制御に生かし、近い将来必要とされる幅広い構築物の解体作業の無人化、点群Mapを基に自律動作するロボットの開発をめざしており、高い専門性を持つ研究機関との共同開発を決めた。

 共同研究では、山口大学(同大学大学院創成科学研究科 知能情報工学分野水上嘉樹准教授)がロボットの目に当たる視覚センサから得られた空間情報と3D点群の比較照合について研究し、京都大学(同大学大学院工学研究科機械理工学専攻松野文俊教授)が点群Mapによる自律作動するロボット技術の開発、さらに国際レスキューシステム研究機構は実験用プラットフォームの提供を担当する。
契約期間は来年3月31日までとしたが開発全体は3ヶ年を予定している。

 同社は、「中期経営計画2018」で3D解体の推進を進め、より高度な原子力発電所の廃炉・解体作業等の現場で完全自立制御型ロボットをも視野に入れている。この研究成果を基に、自律作動ロボットでの自動プラント監視や自動施工、原子力発電所の解体への活用も視野に、同社事業への寄与を期待している。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る