【株式市場】約2年ぶりの円高など受け日経平均は4ヵ月ぶりに1万5500円を割る

株式

◆日経平均の終値は1万5434円14銭(485円44銭安)、TOPIXは1241.56ポイント(35.55ポイント安)、出来高概算(東証1部)は22億924万株

チャート10 16日後場の東京株式市場は、日銀の金融政策決定会合の結果が現状維持と正午前に伝えられ、これ自体は予想通りとの見方が多い感触だったが、円相場は一気に約2年ぶりに1ドル104円台に入る円高進行となり、意外感も手伝う形で全体に一段安となった。トヨタ自動車<7203>(東1)が時間とともに軟化して3%安となるなどで、日経平均も14時30分過ぎには523円60銭安(1万5395円98銭)まで下落。大幅な反落となり、終値で1万5500円台を割り込むのは2月12日以来、約4ヵ月ぶりとなった。主な株価指数はそろって安くなり、東証マザーズ指数の下落率は7%を超えた。

 サイオステクノロジー<3744>(東2)が13時の四半期決算発表後に急伸してストップ高。モブキャスト<3664>(東マ)は前場に続いて提携などを好感してストップ高のまま推移し、上場2日目のアトラエ<6194>(東マ)は後場回復を強め、インフォテリア<3853>(東マ)はフィンテック(金融IT)関連の発表が好感されてストップ高。 

 新規上場の農業総合研究所<3541>(東マ・売買単位100株)は、後場寄り後の12時33分に公開価格1050円を78%上回る1870円で初値がつき、その後2270円まで上げ、終値も2270円の高値引け。

 東証1部の出来高概算は22億924万株(前引けは8億7049万株)、売買代金は2兆1355億円(同8125億円)。1部上場1958銘柄のうち、値上がり銘柄数は57(同224)銘柄、値下がり銘柄数は1883(同1626)銘柄。

 また、東証33業種別指数は全33業種が値下がり(前引けは銀行1業種のみ値上がり)し、下落率の小さい業種はパルプ・紙、電力・ガス、陸運、情報・通信食料品、空運、などとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    2. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    3.  今週の当特集は、最下位市場のG市場も含めて本気度銘柄に加え、株価的に割安な銘柄にこそ「メークドラ…
    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る