平山はコンサルタントとして活躍するシニアの再雇用を強化中

■シニアであるベテランの豊かな経験が必要

 製造業向けアウトソーシング事業を手掛ける平山<7781>(JQS)は、 現場改善コンサルティング事業の拡大に伴い、コンサルタントとして活躍するシニアの再雇用を強化中である。

 さまざまな業種の生産現場に赴き、即座に品質や生産性を高めるための改善策を提案、実施するのが現場改善コンサルティングの役割である。そのコンサルタントは専門的な知識やスキルだけでなく、短時間のうちに現場スタッフの人心をつかむだけのコミュニケーション能力もなくては務まらず、シニアであるベテランの豊かな経験が必要となる。

 現在、当社に所属するコンサルタントは30名、年齢は60代半ばから70代半ばで定年後の再雇用がほとんど。前職は自動車メーカーや系列の部品メーカーで製造現場の管理や製造ラインなどの改善を行い、長年のキャリアで得られた豊富なノウハウを依頼先で生かしている。

■日本の製造メーカーの多くは製造現場で働く正社員の採用を控えた

 日本の製造メーカーの多くはこの20年ほど、製造現場で働く正社員の採用を控えてきた。その結果、製造現場では生産管理職の層が薄くなっており、生産現場を指導するコンサルタントの需要が高まっている。

 当社の売上は約80%を製造請負業で占めている。顧客である企業の敷地や設備の提供を受け、当社が蓄えてきた技術的な経験や人材力を駆使して製品を効率的に生産している。単なる労働力のみの派遣が主力ではないため、人材を教育する経験者が多く必要で、その人脈を現在はコンサルティング事業にもつないでいる。

■さまざまな業種の依頼先から高評価を獲得

 依頼先に赴いたコンサルタントは、短時間に製造現場の抱える問題点を洗い出し、製造ラインやフローを見直し、生産性や品質を高める。必要があれば作業台なども効率のよい流れが生まれるように手作りするなどして改善に努める。この現場改善コンサルティングは、製造工場はもちろんのこと、店舗などにも適用することができ、さまざまな業種の依頼先から高評価を得ている。

■主にアジアからの多くの要望に応える

 シニアの再雇用というと、キャリアを築いてきた業種以外で能力を生かすのは難しいといえるが、当社のコンサルタントは自動車の製造現場で得た知識を食品工場にも生かし、さらにはレストランの厨房や映画館のチケット売り場、建設現場の足場の組み方、林業の伐採の効率化も叶えてしまうという多彩な能力を持っている。

 当社のコンサルタントは主にアジアからの多くの要望に応え、ベトナム、タイ、中国、シンガポール、インドネシア、マレーシアなどにも出向き、現場改善を行っている。日系企業や大手現地メーカーでコンサルティングを行い、さらには現地社員の教育のためにセミナーの講師なども務めている。

■日本のモノづくり技術を学べるツアーを海外の企業向けに企画

 当社ではコンサルタントの派遣を行う一方で、ベトナムとタイに事業所を設立、理系の専門学校などと連携を取り研修センターを設けて人材の育成を行っている。また、日本のモノづくり技術を学べるツアーを海外の企業向けに企画、セミナーと実際にそれらの生産方式が適用されている生産現場を見学する内容で、年間700人以上の外国人を迎えている。

 日本の製造業を人材の派遣という側面から支えてきた当社は、今後、長年に渡って培われ評価されてきた日本のモノづくり技術を後続の世代に、そして世界へと伝承することを目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    2. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    3.  今週の当特集は、最下位市場のG市場も含めて本気度銘柄に加え、株価的に割安な銘柄にこそ「メークドラ…
    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る