【小倉正男の経済羅針盤】リグレジット(離脱への後悔)先に立たず

■ナポレオンの大陸閉鎖=市場困窮から戦争

 その昔、といっても210年前のことだが、ナポレオンが英国を封鎖することを宣言した。欧州諸国が英国を封じ込めて、貿易から締め出す、というわけである。「大陸封鎖令」である。
 そのうち、逆に英国が海上封鎖に踏み出した。どっちが封鎖しているのか、我慢比べである。

 貿易を封鎖すれば、マーケットは小さくなるから、どっちも困ることになる。困窮すれば、争いごとになり、ついには戦争になる。

 ロシアは大陸封鎖令を破り、英国と貿易を再開した。ロシアは英国の工業製品が欲しかった。フランスの工業製品は高いし、品質が劣っていた、代替にならない――。
 ナポレオンはロシアに遠征する。ナポレオンが率いた大軍のその大半は、自国に戻ることはなかった。

 アメリカは、フランスとの貿易を求めていた。英国の海上封鎖は障害となり、米英戦争に突入する。アメリカの大統領府が英国軍に焼き討ちされた。その後、大統領府は白い塗料が塗られて「ホワイトハウス」になった。

■決定的に違うのは英国の衰退

 英国のEU(欧州連合)離脱は、少し強引にいえば第二の「大陸封鎖令」のような事態である。
 ただし、決定的に違うのは英国の衰退ぶりである。

 ナポレオンが英国を封鎖したのは、英国が産業革命を成功させた時期に当たる。「世界の工場」になろうとしていた。機械にしても、羊毛製品、綿製品などにしても、世界マーケットを制圧していた。

 いまの英国は、金融にしても、クルマなどの製造業にしても、「ウィンブルドン方式」である。つまり、プレィヤーは他国資本だ。クルマもトヨタや日産がつくっている。
 英国は、場所を貸している。「場所貸し業」に転じている。

 英国が封鎖されても、ほかの欧州諸国はほとんど困らない。困るのは英国のみである。それがナポレオンの「大陸封鎖令」の時代との大きな違いになっている。

■リグレジット(離脱への後悔)先に立たず――自らツブれる英国

 ナポレオンやヒトラーでもツブすことができなかった英国だが、ついには衰亡にいたるのか。国というものも、誰か他国がツブすというより、自らツブれるものなのだろう。

 ブレグジット(英国のEU離脱)か、リグレジット(EU離脱への後悔)か。覆水盆に返らず――、いやリグレジット(離脱への後悔)先に立たず、とはこのことだ。

 アメリカの利上げもこれで棚上げというか、吹き飛んだ。もともとアメリカの利上げにも無理があった。為替面では円高が避けられない。

 「リーマン級の経済混乱などない」――、そう豪語していたのは独・仏・英の諸国首脳だったが、不幸にして「リーマン級」の激震になっている。
 とくに日本のマーケットへの打撃は甚大だ。待たれるのは日銀の超金融緩和策というのだが、世界経済の先行きは波乱含みである。

 (経済ジャーナリスト 『M&A資本主義』『トヨタとイトーヨーカ堂』(東洋経済新報社)、『日本の時短革命』『倒れない経営―クライシスマネジメントとは何か』『第四次産業の衝撃』(PHP研究所)など著書多数。東洋経済新報社編集局・金融証券部長、企業情報部長,名古屋支社長・中部経済倶楽部専務理事など歴任して現職)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る