【株式評論家の視点】バーチャレクスはCRM再構築をワンストップで提供、公開価格割れは値ごろ感

株式評論家の視点

 バーチャレクス・コンサルティング<6193>(東マ)は、本年6月23日に東京証券取引所マザーズ市場に上場。「コンサルティング(=戦略や計画の策定力)」、「テクノロジー(=ITソリューションの開発力)」、「アウトソーシング(=業務の実行力)」の3つのノウハウを合わせ持ち、これらを活用することで、多様化する顧客との接点(チャネル)を通じた企業のCRM(顧客情報管理)再構築を、ワンストップでトータルに支援している。

 具体的には、戦略策定や計画策定等の上流工程及び継続的な業務実施・運用を支援する「コンサルティングサービス」、コンサルティングやプロセス運営で培った知見をITソリューションとして形にした「CRM製品提供」、企業のCRM基盤を戦略的かつ効率的に支えるための「CRM ITサービス」、さらには実際の顧客接点業務を企業と共同あるいは請け負って実行する「CRMプロセスサービス」を、シームレス(継ぎ目なく)にシナジーをもって提供している。

 今2017年3月期第2四半期業績予想は、売上高が19億円(前年同期比4.6%減)、営業利益が8100万円(同39.4%減)、経常利益が8000万円(同38.0%減)、純利益が4800万円(同40.9%減)を見込む。

 通期業績予想は、売上高が42億3100万円(前期比9.5%増)、営業利益が3億5300万円(同37.2%増)、経常利益が3億5000万円(同39.6%増)、純利益が2億2900万円(同9.7%減)を見込む。繰り延べ税金資産の計上で前期の税負担が軽かったため、純利益は減益予想。上場で調達した資金はソフト強化のための開発費に充当し、当面は無配の見通し。

 株価は、6月23日の上場日に公開価格1090円を13.3%上回る1235円で初値をつけ、翌24日安値965円と急落した後、7月11日に上場来高値1986円と上昇。8月3日安値1020円と調整し、ほぼ往って来いとなっている。CRM(顧客情報管理)再構築を上流のコンサルティングやソフト開発から下流のコールセンター運営までワンストップで提供できるのが同社の強み。ビッグデータの活用などに向けてサービスの引き合いは強く、高い成長が期待できる。今期予想PER13倍台の水準で、公開価格の1090円割れが底値として意識されており、値ごろ感はある。今月10日に発表が予定される第1四半期決算が順調に推移していれば、リバウンド相場入りが十分期待されそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る