セレスは16年12月期第2四半期累計が高進捗率で通期予想に増額余地

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 セレス<3696>(東マ)はスマホ向けポイントサイト運営が主力のスマートフォンメディア事業を展開している。ポイントサイト登録会員数が増加基調で16年12月期第2四半期累計は増収増益だった。通期も2桁増収増益予想である。第2四半期累計の利益進捗率が高水準のため増額余地がありそうだ。株価は6月高値から反落して調整局面だが、FinTech・O2O関連などのテーマ性も注目される。調整一巡して出直り展開だろう。

■ポイントサイト運営などスマートフォンメディア事業を展開

 国内最大級のスマホ向けポイントサイト「モッピー」をはじめ、ポイントメディア「モバトク」「お財布.com」およびHRメディア「モッピージョブ」を運営するスマートフォンメディア事業を展開している。

 15年12月期の事業別売上高構成比はポイントメディア事業98%、HRメディア事業2%だった。ポイントメディア事業の「モッピー」「モバトク」「お財布.com」は広告閲覧、スマホアプリダウンロード、ショッピング、アンケートなどのアクションに応じて、現金・電子マネー・ビットコイン等との交換が可能なポイントが貯まる無料会員サービスを提供している。HRメディア事業の「モッピージョブ」はアルバイト求人広告サイトで、成功報酬型などの広告収入が収益柱である。

■自社運営メディア利用価値最大化を目指す

 自社運営メディアの利用価値を最大化することを目指し、M&A・アライアンスも積極活用してユーザー数拡大や掲載広告数増加を推進している。ポイントメディア事業の強化、自社運営メディアのポイントとビットコインのビジネスシナジーの強化などを推進するとともに、中期的にはウェアラブルメディア(ウェアラブル広告)としてのスマートウォッチ向けアプリサービスの提供、スマートフォン端末と自社ポイントメディアを活用したO2Oビジネス分野への進出などにより、事業収入の多様化を図る方針を打ち出している。

 15年4月オープンキューブから「お財布.com」譲り受け、15年5月ビットコイン販売・買取・決済サービスのbitFlyerと業務提携、15年8月ビットコインサービス「coincheck」提供のレジュプレスと資本業務提携、15年9月ブロックチェーン技術を基に非中央集権型クラウドコンピューティングシステム「orb」を開発するOrbに出資(当社含む5社)、15年12月一般社団法人FinTech協会に入会、15年12月ビットコインサービス「ビットバンクウォレット」「ビットバンクトレード」のビットバンクに追加出資および業務提携した。

 16年5月決済連動マーケティングCLO(Card Linked Offer)アプリ「CRECO」のアイ・ティ・リアライズと資本業務提携、16年6月東京大学発ベンチャー企業のジャノムとビットコインに関するアプリケーション共同開発で業務提携、O2O関連サービスの共同開発でゆめみと資本業務提携(31%出資して持分法適用関連会社化)した。

 16年7月には、スマホ向けビットコイン関連サービス「breadwallet」を提供する米国のベンチャー企業breadwallet社との資本業務提携を発表した。また「ポケモンGO」の世界中での大ヒットに伴い、当社「モッピー」「モバトク」において、期間限定で課金額の7%ポイント還元キャンペーンを開始した。

 8月8日には「モッピー」「モバトク」「お財布.com」がLINE<3938>の「LINEポイント」とポイント交換で連携すると発表した。8月23日には「モッピー」においてセブン・カードサービスの「nanacoポイント」とポイント交換を開始すると発表した。

■四半期ベースで増収基調

 15年12月期の四半期別業績推移を見ると、売上高は第1四半期6億71百万円、第2四半期7億95百万円、第3四半期8億50百万円、第4四半期8億49百万円、営業利益は1億05百万円、1億23百万円、1億59百万円、76百万円だった。四半期ベースで増収基調である。

 なお15年12月期の売上総利益率は36.6%で14年12月期比2.0ポイント低下、販管費比率は21.9%で同3.1ポイント低下、ROEは15.2%で同16.2ポイント低下、自己資本比率は57.2%で同8.3ポイント上昇した。

■16年12月期第2四半期累計は大幅増収増益

 8月12日発表した今期(16年12月期)第2四半期累計(1~6月)の非連結業績は、売上高が前年同期比比23.2%増の18億08百万円となり、営業利益が同28.0%増の2億94百万円、経常利益が同26.3%増の2億87百万円、純利益が同13.1%増の1億52百万円だった。

 プロモーション強化やM&Aを含めた積極投資の効果でポイントメディア会員数が順調に増加し、人件費や広告宣伝費の増加を増収効果で吸収した。16年6月末ポイントサイト登録会員数は289万人(15年6月末比43万人増加、16年3月末比11万人増加)となった。HRメディア「モッピージョブ」求人広告掲載件数は、16年末までに大手メディア並み10万件という目標に対して、16年6月末時点で約8.3万件となった。

 売上総利益は同18.9%増加したが、売上総利益率は37.1%で同1.4ポイント低下した。販管費は同12.6%増加し、販管費比率は20.9%で同1.9ポイント低下した。16年6月末時点の従業員数(役員除く)は同13名増加の81名(うち正社員64名)となった。4月に初めての新卒社員が入社した。特別損失では投資有価証券評価損29百万円を計上した。

 四半期別の推移を見ると、売上高は第1四半期9億03百万円、第2四半期9億04百万円、営業利益は1億63百万円、1億30百万円だった。第2四半期の売上高は四半期ベースで過去最高だった。

■16年12月期通期2桁増収増益予想で増額余地

 今期(16年12月期)通期の非連結業績予想は前回予想(2月12日公表)を据え置いて、売上高が前期(15年12月期)比15.3%増の36億52百万円、営業利益が同11.8%増の5億20百万円、経常利益が同10.6%増の5億07百万円、純利益が同20.1%増の3億23百万円としている。ポイントサイト登録会員数が増加基調であり、HRメディア「モッピージョブ」求人広告掲載件数も伸長して、2桁増収増益予想である。配当は無配継続としている。

 通期会社予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が49.5%、営業利益が56.6%、経常利益が56.7%、純利益が47.3%と利益進捗率が高水準である。四半期ベースで増収基調であることも考慮すれば通期会社予想に増額余地があるだろう。

 なお出資先であるバリューデザインが9月26日に東証マザーズへ新規上場予定(8月22日に新規上場承認)である。

■株価は調整一巡して出直り

 株価の動きを見ると、6月の上場来高値2849円から反落し、8月以降は概ね1600円~1800円近辺で推移している。

 8月29日の終値1672円を指標面で見ると、今期予想PER(会社予想のEPS36円65銭で算出)は45~46倍近辺、前期実績PBR(前期実績のBPS215円90銭で算出)は7.7倍近辺である。時価総額は約156億円である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線近辺で下げ渋る動きだ。サポートラインを確認した形だろう。FinTech・O2O関連などのテーマ性も注目され、調整一巡して出直り展開だろう。(日本インタビュ新聞アナリスト水田雅展)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2.  ホンダ<7267>(東1)の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バーク…
    3. ■バッテリー駆動時間が驚くほど飛躍的に向上  Appleは9月14日(米国時間)、iPhon…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る