トーソー with Curtains 2014 を大阪で再現

■あべのハルカス26階のトーソー大阪ショールームで開催

トーソー<5956>(東2)は、2月12日(木)~27日(金)に同社大阪ショールームで「with Curtains 2014 in トーソー大阪ショールーム」と題した展示イベントを開催する。

 「with Curtains」は、日本を代表するカーテンメーカー(2014年は9社が参加)のマーケティング・商品開発担当者より、見本帳の開発背景やセールスポイントなどを直接聞くことができる同社主催の合同発表会で、昨年で8回目を迎えた。各社のプレゼンテーションはもちろん、現在活躍中のインテリアデザイナーによる各社の新作ファブリックスとトーソー製品(カーテンレール、ブラインド類)とを組み合わせた事例展示も見どころのひとつで、窓周りのコーディネートテクニックを駆使した展示は毎回好評を博している。


これまでは毎年東京のみで開催してきたが、様々なアイデアが詰まった事例展示をより多くのプロに見てもらいたい思いから、このたび東京以外で初めてwith Curtains参加企業9社すべての事例展示を大阪ショールームで再現することになった。また下記の通り、16日(月)には昨年東京で特別講演を行ったデザイナー、木村さちこ氏が展示コンセプトやポイントについて解説するガイドツアーも実施する。

1.展示イベント
名称:with Curtains 2014in トーソー大阪ショールーム
概 要:「with Curtains 2014」(2014年10月、東京で開催)で披露したカーテンメーカー9社のファブリックスと当社製品とのコーディネート事例展示の再現。(各社のプレゼンテーションは行わない)
※カーテンメーカー9社(五十音順):アスワン株式会社、五洋インテックス株式会社、株式会社サンゲツ、シンコールインテリア株式会社、
株式会社スミノエ、東リ株式会社、株式会社フジエテキスタイル、マナトレーディング株式会社、リリカラ株式会社
会期:2015年2月12日(木)~27日(金)10:00~17:30
※土日は閉館、19日(木)は15:00まで、27日(金)は17:00まで ※会期中は予約不要で自由にご覧いただけます。/入場無料
会場:トーソー株式会社大阪ショールーム
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43あべのハルカス26階

2.展示ガイドツアー
日時:2015年2月16日(月)【第一回】14:00~15:00(13:50~受付開始)
:【第二回】:16:00~17:00(15:50~受付開始)
対象:インテリアコーディネート業務に携わるプロの方、報道関係の方
ガイド:木村さちこ氏(ダルクデコ株式会社取締役/ファブリックマジック代表)
参加料:無料
募集人数:各回とも20名※事前申込制。定員(先着順)になり次第、締め切り。

>>トーソーのMedia-IR企業情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る