【株式市場】好業績株など高く日経平均は上値重いが反発

株式

◆日経平均の前引けは1万7234円42銭(49円83銭高)、TOPIXは1367.61ポイント(2.32ポイント高)、出来高概算(東証1部)は14億713万株

チャート5 10月24日後場の東京株式市場は、日銀のETF(上場型の株価指数連動投信など)買い出動の噂などがあり、日経平均はもみ合いの水準を一段上げて13時過ぎに60円15銭高(1万7244円74銭)まで上げる場面があった。大引けも堅調で反発。主な株価指数では東証マザーズ指数が軟調。

 後場は、蛇の目ミシン工業<6445>(東1)がロシア経済協力関連株として一段強含み、三井不動産<8801>(東1)などの不動産株も一段堅調。アドテック プラズマ テクノロジー<6668>(東1)は好決算相場の勢いが衰えない印象で一段高。ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ<6090>(東マ)は米社とアルツハイマー病に関する共同研究開発などが好感されてストップ高。アスカネット<2438>(東マ)は下値固め進展との見方が言われて出直り、大塚家具<8186>(JQS)も出直りを拡大。

 東証1部の出来高概算は14億713万株(前引けは6億8613万株)、売買代金は1兆5658億円(同7116億円)。1部上場1985銘柄のうち、値上がり銘柄数は1231(同913)銘柄、値下がり銘柄数は619(同903)銘柄。

 また、東証33業種別指数は21業種(前引けは11業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、水産・農林、倉庫・運輸、繊維製品、ガラス・土石、化学、ゴム製品、陸運、不動産、医薬品、などとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■ゲームやコンテンツのクリエーター向けのPCソフトウェア、無償体験版も提供  東芝<6502…
    2. ■目指す企業イメージと合致  鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のな…
    3. 国会議事堂 政治
      ■金メダルの高揚感があっても支持率は低下  「東京2020」、オリンピック・パラリンピックと…
    2021年9月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る