【株式市場】中国やインド株の下げ見て日経平均も下げるがゲーム株など強い

◆日経平均の終値は1万7606円22銭(189円51銭安)、TOPIXは1413.58ポイント(16.34ポイント安)、出来高概算(東証1部)は24億1307万株

チャート5 29日後場の東京株式市場は、中盤まで日経平均が80円安の1万7700円台で推移していたが、13時30分に第3四半期決算を発表した新日鐵住金<5401>(東1)が一時的に上げた程度で再び軟化したほか、香港株に続いてインド株も安いと言われて様子見気分が広がり、日経平均は14時前から次第安となって一時220円63銭安(1万7575円10銭)まで下げる場面があった。前場は高かった東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均も軟化し反落となった。

 ただ、昨日第3四半期決算を発表したルネサスエレクトロニクス<6723>(東1)などは後場も堅調に推移し、同時に自社株買いも発表した富士フイルムホールディングス<4901>(東1)も堅調持続し、青山商事<8219>(東1)はストップ高。業績予想を増額修正したコロプラ<3668>(東1)も活況高を継続し、連想が働いてガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>(JQS)なども高い。

 スカイマーク<9204>(東1)は民生法の申請を受けてストップ安売り気配の237円(80円安)で推移し、大引けでストップ安。一方、大株主のエイチ・アイ・エス<9603>(東1)は5円高と意外に底堅かった。

 東証1部の出来高概算は24億1307万株(前引けは11億5073万株)、売買代金は2兆4827億円(同1兆1276億円)。1部上場1863銘柄のうち、値上がり銘柄数は420(同671)銘柄、値下がり銘柄数は1357(同1032)銘柄。

 また、東証33業種別指数のうち値上がりした業種は3業種(前引けは12業種)となり、値上がりした業種は、空運、医薬品、小売り。一方、下落率の小さい業種は、精密機器、非鉄金属、倉庫・運輸、電力・ガス、ゴム製品、陸運、パルプ・紙、などだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■月面等での建設活動に資する無人建設革新技術開発推進プロジェクト  コマツ<6301>(東1…
    2. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    3. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    2022年1月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る