【銘柄フラッシュ】アカツキなど急伸しこのところ上げ相場に乗り切れてこなかったキッコーマンなどが活況高

株式市場 銘柄

 12日は、JXホールディングス<5020>(東1)が朝方に年初来の高値を更新したあと次第にダレ模様になり、後場は軟調になって大引けは0.5%安。大手銀行株も前引けには総じて軟化して三井住友フィナンシャルグループ<8316>(東1)は1.0%安など、トランプ氏の次期大統領決定後に上げてきた銘柄群の一角が調整含みになった。半面、このところ上げ相場に乗り切れてこなかった食品株の上げが目立ち、キッコーマン<2801>(東1)は7.1%高。キユーピー<2809>(東1)は3.3%高。テルモ<4543>(東1)は中期計画の発表があり4.7%高。

 カナモト<9678>(東1)は札幌市など北海道でのドカ雪が思惑視されて11.2%高。日建工学<9767>(東2)は「環境活性コンクリート」が11日のTV番組で紹介されたとされて25.6%高の急伸。川上塗料<4616>(東2)は対ロ経済協力銘柄として一段強張り14.3%高。インタートレード<3747>(東2)は化粧品やサプリをロシアで展開とされて5.8%高。アーバンライフ<8851>(東2)は「民泊」関連株とされて8.1%高。

 アカツキ<3932>(東マ)は東海東京調査センターが投資判断を開始して注目しはじめたとされてストップ高の22.7%高。AppBank(アップバンク)<6177>(東マ)はゲーム情報を提供する「YouTube(ユーチューブ)」の「マックスむらいチャンネル」の動画の累計再生回数が15億回を突破との発表などが好感されて13.9%高。リファインバース<6531>(東マ)は廃カーペットなどから高効率の燃料を回収し原油価格高は追い風とされて13.1%高。アイリッジ<3917>(東マ)は好業績などが好感されて7.8%高。

 日本一ソフトウェア<3851>(JQS)ソニー<6758>(東1)グループとのスマートフォン向け新ゲームアプリ制作などが好感されて3日連続ストップ高の15.9%高。日進工具<6157>(JQS)は12月末の株主の株式1株を2株に分割することが好感されて15.5%高。ピクセルカンパニーズ<2743>(JQS)はカジノ関連株人気が再燃とされて8.8%高の急反発となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■新市場区分の第一次判定結果、9日、東証から個別に通知  JPホールディングス<2749>(…
    2. ■「HAMA-SUSHI」という英字表記を加える  ゼンショーホールディングス<7550>(…
    3. ■TikTokの急成長を牽引するなど、高い実績を有す  ユーチューバーの制作サポート事業など…
    2021年7月
    « 6月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る