乃村工藝社は17年2月期第3四半期累計が大幅増益で通期予想に増額余地

株式市場 銘柄

 ディスプレー企画・設計・施工・運営監理最大手の乃村工藝社<9716>(東1)が1月11日発表した17年2月期第3四半期累計は大幅増益だった。通期業績予想に増額余地がありそうだ。インバウンド対応関連、20年東京五輪関連、統合型IR関連と事業環境は良好である。株価は好業績を評価して16年4月高値を試す展開となりそうだ。

 17年2月期第3四半期累計(3~11月)の連結業績は、売上高が前年同期比8.1%増の819億70百万円となり、営業利益が同41.7%増の58億77百万円、経常利益が同41.3%増の60億49百万円、そして純利益が同55.1%増の39億78百万円だった。

 大型案件の計上が少なかった専門店市場や広報・販売促進市場が減収だが、ホテルやアミューズメント施設の改修需要などで余暇施設市場が大幅増収となり、その他市場におけるブライダル、オフィス、研修施設などの大型案件の完工も寄与した。大型案件の原価管理徹底による売上総利益率向上も寄与して大幅増益だった。

 通期の連結業績予想は据え置いて、売上高が前期比6.1%増の1150億円、営業利益が同16.0%増の70億円、経常利益が同14.5%増の71億円、純利益が同17.1%増の45億円としている。

 受注環境が堅調であり、採算性向上も寄与して大幅増益予想である。また通期予想に対する第3四半期累計の進捗率は、売上高71.3%、営業利益84.0%、経常利益85.2%、純利益88.4%と高水準である。通期予想に増額余地がありそうだ。

 事業環境は良好である。インバウンド対応など観光関連投資で都市部の大型商業施設、大型ホテル、空港関連施設の改装案件が増加し、アミューズメント施設やテーマパーク等の設備投資も増加傾向である。今後は20年東京五輪に向けた動きも活発化する。またカジノ法案(統合型IR法案)成立によって、さらなる需要増加が期待される。

 株価は1月5日に1749円まで上伸して16年11月の戻り高値1766円に接近している。自律調整が一巡したようだ。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形となった。好業績を評価して16年4月高値1976円を試す展開となりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    2. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    3.  今週の当特集は、最下位市場のG市場も含めて本気度銘柄に加え、株価的に割安な銘柄にこそ「メークドラ…
    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る