【新規上場(IPO)銘柄】カナミックネットワークスは「IT導入支援事業者」に認定、事業環境は明るく需給も大きく改善

株式市場 IPO 鐘

 カナミックネットワークス<3939>(東マ)は、昨年9月14日に東京証券取引所マザーズに上場。「超高齢社会における地域包括ケアをクラウドで支える」という経営理念の基、医療・介護・健康情報等を法人・職種の枠を超えてリアルタイムに「情報共有」+「コミュニケーション」+「利活用」ができるICTプラットフォームを提供することで、患者・家族がより質の高い医療・介護サービスを受けられることを目指して事業を展開している。

 同社は、医療・介護をつなぐ地域包括ケアを実現するシステムを提供していることから、各省庁との共同プロジェクトに参加し、国の政策と同じ方向性をもつシステム開発会社となるよう注力するとともに、 介護保険制度改正に対応する準備を整え、継続して適時にシステム改修を行い、システム利用者の負担軽減により、 ユーザーの利便性の向上を図っている。また、同社が提供する「カナミッククラウドサービス」において株式会社Tポイント・ジャパンの提供するTポイントプログラムを導入するとともに、同社が提供する広告サービスにおけるTポイント活用に関する業務提携の基本合意を締結するなど、同社サービスの更なる利便性の向上に注力している。

 今2017年9月期1四半期業績実績は、売上高が2億9000万円、営業利益が5900万円、経常利益が5900万円、純利益が3700万円に着地。

 今17年9月期通期業績予想は、売上高が12億7000万円(前期比12.5%増)、営業利益が2億8000万円(同6.0%増)、経常利益が2億8000万円(同11.0%増)、純利益が1億7000万円(同3.0%増)を見込んでいる。

 株価は、昨年11月16日につけた上場来の安値2510円から2月20日に分割後の高値4980円と上昇。その後もしっかりしている。2月6日に同社は、経済産業省が実施する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」において、「IT導入支援事業者」に認定されたと発表。同社が提供する「カナミッククラウドサービス」を導入する場合、導入企業は支援事業に基づくIT導入補助金を申請することが出来、医療・介護 事業者における生産性の向上に貢献することが可能となり、同社の事業環境は明るい。13週移動平均線がサポートする形で3800円を軸としたモミ合いを上放れし、需給は大きく改善されており、再度、高値奪回から一段と騰勢を強めるか注目されそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価
       今週の当特集では、景気敏感株、バリュー株の最後発・最出遅れセクターとして専門商社株に注目することと…
    2. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日…
    3. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      TOB、MBOは今年1月以来の発表を数えると15件に達する。TOBには、友好的・敵対的が交錯しており…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る