【新規上場(IPO)銘柄】船場は3年間で売上・利益ともに20%超の成長を目指す、PERと配当利回りで投資妙味増す

株式市場 IPO 鐘

 船場<6540>(東2)は、昨年12月19日に東京証券取引所第二部市場に上場。同社は、ソフトとハード両輪の一体化により、顧客ニーズを100%満たすのが同社のビジネススタイルで、調査・分析に始まって、コンセプトメイク、空間デザインの提案、施工、そしてオープン後の運営までの一貫したフォローアップを行い、信頼を得ている。

 マーケティングの視点によりキャッチした生活者の潜在的な欲求までも「店づくり」「街づくり」の細部に確かな形として波及させる同社のグループ姿勢が、創業以来の躍進を支えており、同社グループの事業への取り組みは商業施設にとどまらず、オフィス空間、アミューズメント施設、さらには大規模なリゾート開発、都市開発へと拡がっている。

 今2017年12月期第2四半期業績予想は、売上高が150億円(前年同期比6.4%増)、営業利益が8億7000万円(同5.7%減)、経常利益が8億7000万円(同6.9%減)、純利益が5億5000万円(同横ばい)を見込む。

 今17年12月期業績予想は、売上高が300億円(前期比8.6%増)、営業利益が17億4000万円(同1.4%増)、経常利益が17億4000万円(同1.1%増)、純利益が11億3000万円(同3.0%増)を見込む。年間配当は期末一括35円(同9円増)を予定している。

 株価は、前16年12月期業績予想と期末一括配当予想の上方修正を好感し、2月3日に1294円の上場来高値と買われた後、1200円を軸にモミ合っている。 2月末に中期の業績目標として、既存分野での安定成長と商環境の変化による成長機会の獲得により、19年12月期売上高340億円(16年12月期実績276億1500万円)、営業利益21億円(同17億1500万円)の3年間で売上・利益ともに20%超の成長を目指すことを明らかにしている。今期予想PER10倍台と割安感はあり、配当利回りは約3%と投資妙味は増すことから、1150円どころが下値として意識された感がある。全売上高の約27%を占めているイオングループの今年度の設備投資動向が株価を刺激する可能性があり、短期的にも注目されそうだ。(株式評論家・信濃川)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. 株式市場株式市場 東京証券取引所 株価
       今週の当特集では、景気敏感株、バリュー株の最後発・最出遅れセクターとして専門商社株に注目することと…
    2. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      当特集では、トライアルとして10万円以下の少額資金で株式投資が可能となる低位株として、今年1月25日…
    3. 銘柄 上がる 上昇 高い ストップ高
      TOB、MBOは今年1月以来の発表を数えると15件に達する。TOBには、友好的・敵対的が交錯しており…
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く イワキの岩城慶太郎副社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る